ブルゾンちえみ、“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開! | RBB TODAY

ブルゾンちえみ、“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開!

ブルゾンちえみが15日、自身のブログを更新。“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開し、子どもたちへのメッセージをつづった。

エンタメ ブログ
ブルゾンちえみ、“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開!
  • ブルゾンちえみ、“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開!
  • ブルゾンちえみ、“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開!
 ブルゾンちえみが15日、自身のブログを更新。“やれやれ顔”をした小学1年の写真を公開し、子どもたちへのメッセージをつづった。


 ブルゾンは「こどもたち」と題してブログを更新すると、「やれやれ、って感じの私の小1時代の写真ですね」とドアの前に立ち“やれやれ顔”をした小学1年生のブルゾンの写真を公開。

 ブルゾンは「もう卒業式や終業式、すべてが終わりに近づき、そして始まるシーズンとなりました」とつづり、「私がよく熱を持って語り出してしまうこと、というか、なんか放っておけないことの中の1つに、こどもたちの未来、ってのがあります」と切り出す。ブルゾンは自分に届くメッセージの中には若者や子どもたちからの将来の相談がよくあると言い、ブルゾン自身もわかるからこそ「その子たちに、一人一人返事を返してあげたくなる」と思いを明かした。

 ブログの中でブルゾンは学生時代を振り返り、自分が初めて将来のことを考えたのが高校1年生の時だったと回顧する。当時は結局、将来の自分と真剣に向き合うことができず、そのまま大学へ。そして、大学時代にやっと将来と向き合い、悩み、苦しみ、そして大学中退の道を選択するのだった。ブルゾンは「でも、悩んで、苦しんでよかったと思ってる。向き合うことを避けていた分、苦しかっただけで、考えるべきだった。もっと自分の心の底のことを」とつづった。

 最後は、「これからの未来へ輝く若い諸君たち子どもたち! みんな、やりたいこと、考えてるかい~~?? やりたいことを今決めなくていい! ただ、考えたり、調べたり、興味を持つだけでいい! やりたいことを途中で変えてもいい! 変わるもんだし!」「ただ、その都度、考えたり、悩んだり、調べたり、興味を持つことは良いことだから、決してそれをやめないでほしい」と呼びかけ、AIや人工知能が発達が進み数年後には無くなってしまっている職業があるかもと触れ、「だから、人間じゃないと出来ない、その人がやっててハッピーな幸せな仕事に、みんなが就いてほしいなーと心から思っています。願っています」とメッセージを送った。

 この投稿にファンからは「貴女の様な方に教育者になって頂きたかったなぁー!」「あなたは本当に素敵な女性ですね」「子供なのに将来を決めろなんて難しいですよね」「私も小さいころ中々夢が持てませんでした」などの声や“やれやれ顔”の写真に「きゃ、可愛いお写真」「ヤレヤレ顔の“子ブルゾンちゃん”超超超可愛い」「こんなに幼い頃からお顔が変わらない子はなかなか珍しい」などの声も寄せられている。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top