東山紀之、フジ開局60周年ドラマ『砂の器』で主演決定 | RBB TODAY

東山紀之、フジ開局60周年ドラマ『砂の器』で主演決定

3月28日よる7時57分から、フジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』が放送されることが決まった。また、主演を東山紀之が務めるほか、中島健人と柄本明が脇を固めることも発表されている。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 3月28日よる7時57分から、フジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』が放送されることが決まった。また、主演を東山紀之が務めるほか、中島健人と柄本明が脇を固めることも発表されている。


 1974年の映画化以降、映像化のたびに日本中の話題をさらってきた松本清張不朽の名作『砂の器』。舞台は2018年ハロウィーン当日の渋谷。撲殺死体が発見され、東山演じる、捜査一課の刑事・今西栄太郎が独自捜査に乗り出す。手がかりは被害者の東北訛りと、“カメダ”という言葉。それらを追跡していくと新たな謎が浮上する。天才作曲家の和賀英良(中島健人)は、周到かつ完璧な殺害後、協奏曲「宿命」の作曲に没頭していた。華やかな世界、約束された未来。しかし、運命の歯車は確実に狂い出し、秘められた過去の秘密すなわち父・本浦千代吉(柄本明)との関係が暴かれそうになり・・・。今回が初共演となる東山と中島、そして柄本明が松本清張不朽の名作をいかに演じていくのか注目が集まる。

 主演が決まった東山は、オファーを受けた感想について、「松本清張先生の作品にはいくつか出させていただいていますが、『砂の器』は名作中の名作ですから、自分もこういう役がめぐってくる年になったのだなと感慨深いです」とコメント。視聴者には、「多くの人が共感できる作品になること、そして60周年という機会で作るわけですから是非大作にしたいと思っています」と意気込みを語っているこのほか、中島は同作への出演について「原作の大ファンだったので、過去に映像化されてきた作品も何度も見てきました。“平成最後の奇跡”だな、と。それくらいこの作品を好きだったので、命をかけてこの役を生きようと思っています」とコメント。さらに、柄本は「(原作を)現代に置き換えたテレビ版としてどのような作品に仕上がるのか、楽しみに見て頂ければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします」と視聴者に呼びかけている。

 フジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』は、3月28日よる7時57分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top