六角精児、借金中に『ナニワ金融道』でサラ金業者役…セリフに「金返さんかい」 | RBB TODAY

六角精児、借金中に『ナニワ金融道』でサラ金業者役…セリフに「金返さんかい」

六角精児が、23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。借金生活中の“奇妙な縁”を語った。

エンタメ その他
 六角精児が、23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。借金生活中の“奇妙な縁”を語った。


 若いころはあらゆるギャンブルに手を出し、借金を繰り返してきた六角。そんな彼はかつて「全フロアがサラ金のビルで、すべての店舗からお金を借りた」と明かし、周囲を驚かせた。

 さらに「その時『ナニワ金融道』というドラマをやってたんですけど」と続けると、いとうあさこは「なんてタイムリーな!」とツッコミ。彼によれば、「サラ金業者の店員をやっている自分のところに(実生活で)借金の取り立てが来る可能性があった」と回顧。

 そして「(劇中で)『おい、金返さんかい!』というセリフがあったんですけど、『俺のことじゃねぇか』と思ったことがある」と自虐的に笑い飛ばしていた。

 借金の最高額は1000万円あったという六角。そんな自堕落な生活について彼は、「借金をするときは簡単ですけど、返すのは大変ですよね。その時に、自分のやっていたことを色々と……」と回想。しみじみ語る姿に久本雅美が「(犯行を自供しているときの)犯人じゃないから大丈夫」と、話を止めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top