ローラ、83頭の保護犬と暮らす女性に会うため極寒のフィンランドへ | RBB TODAY

ローラ、83頭の保護犬と暮らす女性に会うため極寒のフィンランドへ

2月15日放送の『坂上どうぶつ王国3時間SP』(フジテレビ系)では、モデルのローラが極寒のフィンランドロケを敢行する。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 2月15日放送の『坂上どうぶつ王国3時間SP』(フジテレビ系)では、モデルのローラが極寒のフィンランドロケを敢行する。


 ローラが極寒のフィンランドへ向かった理由は、ある人物に会いに行くため。それは、雪と氷に覆われたマイナス30度にもなる極寒の地に、たくさんの動物と暮らす謎の女性だという。「うわ~寒い!こんなに寒いと思わなかった!」と、体感気温がマイナス15度、オーロラの聖地としても知られる町に震えながら降り立ったローラ。さらに山奥へ進むと、周囲には住宅も見当たらず、あたり一面雪。すると犬の遠吠えとともに、おびただしい数の犬が現れたのだ。その数83匹。このたくさん犬たちと暮らしているのは、ティンヤさんという35歳の女性だった。

 野球場一個分の広大な敷地で、夫婦で生活しているというティンヤさんがなぜこんなにたくさんの犬を飼っているのかというと、実は、ここで飼われている犬の半分は保護犬で、12年前にたったひとりでこの山奥で犬の保護活動を開始したという。しかし、マイナス30度にもなる極寒の地をなぜ保護の場所に選んだのか?「犬を第一に考えて暮らす」という女性と犬たちの生活をローラは目の当たりにする。

 一方、ローラが気になったのは、83匹の犬たちのごはん。犬たちは何を食べているのか?豪快な食事の様子も明らかになる。なんと、ひと月の食費は約50万円とかなり高額になるというが犬の食費はどのように賄っているのか?彼女によると「犬たちが自分でごはん代を稼いでいる」という。それは一体どういうことなのか?そうした中、保護された当初は心を閉ざしていたという犬が、いまでは彼女に心を開いている姿を見たローラは「素敵な家族に引き取られてよかった。傷を負ったのに心を開くことができたのは本当に素敵。本当に良かった!」と感動。実は、ローラ自身も積極的に犬や猫の保護活動に取り組んでいて、ローラの愛犬も保護犬なのだ。

 「人間に甘えることもわからず、目も合わせてくれなかった。でも最近やっと目を合わせてくれる。甘えん坊になったの」と自身の愛犬について語ったローラ。ティンヤさんから「あなたの愛情が伝わったんだと思います」という言葉をかけられると、ローラは涙を見せる。

 『坂上どうぶつ王国3時間SP』(フジテレビ系)は、2月15日よる7時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top