博多華丸、漫才を覚えるのは本番2~3時間前!松重豊びっくり | RBB TODAY

博多華丸、漫才を覚えるのは本番2~3時間前!松重豊びっくり

エンタメ その他
 松重豊が、20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。同じくゲストの博多華丸の仕事のスタンスに驚く一幕があった。


 この日、松重は、博多華丸、さらには光石研と福岡出身の面々でトーク。華丸が漫才の道に進んだことについて8歳上の松重は「僕らの時代は、這い上がるルートとして芸人という道がなかった」として、うらやましがっていた。

 だがこのあと、相方の大吉と漫才のネタをいつ合わせるのかと質問した松重は、華丸の「本番直前」という答えにびっくり。「直前というか2~3時間前」と言い直すも松重の驚きは止まらず、「2~3時間で!?」と聞き直すほど。

 華丸は、「相棒がギリギリまで(台本を)オレに渡さないという遊びをしている」と指摘。松重が「でも2時間前にセリフ入れて、それを完璧に噛まずに……」と感心すると、華丸は「そう!そこを褒めて欲しいです、本当に」とアピールしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top