小倉智昭、市原悦子さん訃報に「厳しいけど優しい人」  | RBB TODAY

小倉智昭、市原悦子さん訃報に「厳しいけど優しい人」 

市原悦子さんが12日心不全のため亡くなったことを受け、14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で小倉智昭が「厳しい人でしたけど優しい人でした」としのんだ。

エンタメ その他
 市原悦子さんが12日心不全のため亡くなったことを受け、14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で小倉智昭が「厳しい人でしたけど優しい人でした」としのんだ。


 小倉は30年以上前、市原さんの舞台を3日間密着。稽古を見ていたとき、「小倉さん、あそこ分かりにくくない?」と舞台について指摘を受けたという。さらに「分かりにくいからこういうふうにしたいんだけどどう思う?」と言われたものの、小倉は大女優を前に「こっちのほうがいいと言える雰囲気じゃなかった」と振り返った。

 すると市原さんは「取材ってね、ただボーッと立っているだけじゃダメなのよ」と言われて気づかされたといい、「厳しい人でしたけど、優しい人でした」と追悼した。

 市原さんはテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』(TBS系)の語り役としても人気を博し、また「土曜ワイド劇場」で主演した『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)は1983年から25年、26作も作られる超ロングヒットシリーズとなった。昨年12月に盲腸となり、正月5日から入院していた。82歳だった。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top