テリー伊藤、各界の「付け人」制度に疑問「このシステムで相撲界に入ろうという人がいなくなる」 | RBB TODAY

テリー伊藤、各界の「付け人」制度に疑問「このシステムで相撲界に入ろうという人がいなくなる」

タレントのテリー伊藤が6日、『ビビット』(TBS)に出演。大相撲の貴ノ岩関が暴行問題を起こしたことを受け、各界の「付け人」制度に疑問を呈した。

エンタメ その他
テリー伊藤【撮影:竹内みちまろ】
  • テリー伊藤【撮影:竹内みちまろ】
 タレントのテリー伊藤が6日、『ビビット』(TBS)に出演。大相撲の貴ノ岩関が暴行問題を起こしたことを受け、各界の「付け人」制度に疑問を呈した。



 元横綱・日馬富士から暴行を受けた被害者から一変、加害者になった貴ノ岩。番組では日馬富士の暴行問題から、貴乃花親方(当時)の引退、そして今回の付き人暴行問題までを振り返った。

 関取の日常生活における世話をしながら相撲界について学ぶ幕下以下の力士のことを指す「付け人」。テリーはこれら一連の騒動を受け、「付け人」制度に「自分の部屋の人たちだからやっぱり下に見ている」と言い、「付け人」を協会から派遣する形にしてはどうかと提案。「そうすると他所の人たちだからこんな無茶苦茶しませんよ。どうしてもやっぱり下の人という目線があるから、自分が出世したら好きに使っていいんだって思ってる。このシステムで新しく相撲界に入ろうという人がいなくなる」と持論を展開した。

 さらに「(今回の騒動も)本当だったらないことになっていた。あまりにも(顔が)腫れていたからどうしたんだ、ということで発覚している。ということは今回のことはたまたま発覚しただけで、こういう事態っていうのはかなりある。それを今までのシステムだっていうのならやめたほうがいい」と断じた。

 MCの真矢ミキは「本当、今回のことって深いため息が出ますよね」とコメント。「自分が角界をさらないといけないんじゃないか、という責任感であえて起こしたんじゃないかと思いたいぐらい」と言い、「こういう一連を起こした張本人が一番起こしてはいけないことが逃げることと思っていて、もし自暴自棄になっていたとしたら、踏ん張って欲しい時だった」と語った。

【PR・ショッピング】
※【楽天スーパーセール】半額アイテム約100万点!割引アイテムから探す
※【楽天市場】ドライブレコーダー人気ランキング
《松尾》

関連ニュース

特集

page top