友近ら女性芸人が史上最多の参戦!『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6が11月30日配信スタート | RBB TODAY

友近ら女性芸人が史上最多の参戦!『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6が11月30日配信スタート

Amazonは、同社プライム会員向け映像配信サービス「Amazon Prime Video」にて、11月30日よりオリジナル番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6を配信する。

エンタメ その他
 Amazonは、同社プライム会員向け映像配信サービス「Amazon Prime Video」にて、11月30日よりオリジナル番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6を配信する。


 同番組は、Prime Videoが展開する人気お笑いシリーズ。楽しかったら何でもありで、参加費は自腹の100万円。参加者らは、賞金1000万円をかけて争う。新シーズンには、初参戦の村上ショージ、友近、近藤春菜(ハリセンボン)、真栄田賢(スリムクラブ)、ゆりやんレトリィバァのほか、ジミー大西、藤本敏史(FUJIWARA)、陣内智則、黒沢かずこ(森三中)、大悟(千鳥)ら10名が集結。今回、女性芸人4名が参戦し、「ドキュメンタル」史上最も女性参加者が展開される。果たして、どのような笑いが生み出されるのか?

 村上ショージは「戦術はないですが、部屋の中での空気をどのように掴み取るか、感じるか、間が一番大事だと思うので、空気読みを一番大事にしたいなと思います」と意気込み。4回目の参戦となるジミー大西は、「何しろゲラなんで笑わないように、攻撃もしますけど、みんなに潰されないように守りも入ります。笑いそうなことがあったら痛みで笑いを消すという施策を入れます」と語った。同じく4回目の出演となるFUJIWARAの藤本は、「『ドキュメンタル』は芸人ってやっぱり面白いと、一番示すことができる場だと思う。今回理由はないですけど、優勝できるんじゃないかなと思っています」とコメント。

 初参戦となる友近は、「今回参加するにあたりいちお準備してきたものはあるのですがそれを上手く出しきれたらいいのですが」と意味深に語り、ハリセンボンの近藤は「「毎日楽しくお仕事させてもらっていますし、毎日、心底笑ってますけど、わたし感情を殺せるので、笑わないことはできると思います。松本さんに笑っていただくというのも目標なので、しっかり爪痕残したいです」と意気込んだ。

 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6は、4話構成。1・2話は11月30日より、3・4話は12月7日より配信が開始される。

《KT》

関連ニュース

page top