西川史子、ディズニーランドのパワハラ裁判に「裏側を見せたらおしまい」 | RBB TODAY

西川史子、ディズニーランドのパワハラ裁判に「裏側を見せたらおしまい」

西川史子が、18日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。東京ディズニーランドをめぐる裁判に持論を述べた。

エンタメ その他
西川史子【撮影:竹内みちまろ】
  • 西川史子【撮影:竹内みちまろ】
 西川史子が、18日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。東京ディズニーランドをめぐる裁判に持論を述べた。


 園内で働く女性社員2人が、運営会社オリエンタルランドをパワハラ・過重労働で提訴した。そのうちの1人である30代女性は「30歳以上のババアはいらねえんだよ。辞めちまえ」などと上司から冷たい言葉を浴びせられたという。また20代女性は重さ10~30キロの着ぐるみを着てショーに出ていたが、激務のため手に痛みや震えが出るようになったのだとか。2人は約755万円の損害賠償を請求している。

 これに対して西川は、「私たちも30、40キロの防護服を着て手術したりする」としながら、「そんなにすごいことだと思わない」と私見を述べた。さらに「裏側を見せてしまったらおしまいじゃないかなあという気持ちがします」と主張した。

 杉村太蔵はオリエンタルランドに対して「労務管理に神経を使っている」とし、「こういう訴訟になってしまったのは日ごろ意識していただけに、経営者側からしたら痛恨だったんじゃないか」と思いを寄せていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top