竹内結子、6年ぶりの地上波連ドラ主演で天才トラブルシューター役 | RBB TODAY

竹内結子、6年ぶりの地上波連ドラ主演で天才トラブルシューター役

2019年1月10日より、新ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)の放送が決まった。主演は、女優の竹内結子がつとめる。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 2019年1月10日より、新ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)の放送が決まった。主演は、女優の竹内結子がつとめる。

 同ドラマが取扱う題材は、天才トラブルシューター「スピン・ドクター」。今、これほどスキャンダルなニュースが立て続けに話題になる時代は類を見ない。しかし、その裏側で当事者に本当は何が起こっているのかを知る機会は、これまでと変わらずほとんどなく、多くのケースで当事者の背後にはスピン・ドクターの存在がある。同作は政治、芸能、スポーツなど各界に大胆に切り込み、臨場感のあるスキャンダルが取扱われる。

 同ドラマで竹内が演じるのは、主人公・氷見江(ひみ・こう)。弁護士ながら、専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターであり、必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクターという役どころだ。氷見には「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろう覆すことを絶対に諦めない。ドラマはそんな氷見がさまざまなスキャンダルと対峙し、逃げ場を失い崖っぷちに立たされている女性の心に寄り添い、手を差し伸べ、危機から救うべく奔走する姿が、斬新な映像で描かれていく。なお、竹内は同作が6年ぶりの地上波連続ドラマ主演となる。

 同作はすでにクランクインをしており、Perfumeの一連の作品や星野源の「恋」など数々のミュージックビデオに加えてCMやドラマも手がける日本を代表する映像クリエイターの関和亮が演出を務める点でも注目だ。

 6年ぶりの地上波連ドラ主演について、竹内は「地上波の連続ドラマに出演すること自体が久しぶりのような感覚があって、お話をいただいた時は“テレビのお仕事だ”って思いました(笑)」とコメント。今作で演じる氷見という役どころについては、「氷見は、あらゆる情報を操作し、イメージを操る、人をプロデュースしているような、特殊な役柄だなと思います。役作りと言うほどでもないのですが、プロデューサーさんやマネージャーさんを見て参考にしたりもしていますね。演じる側に気を遣ってくださる方々が、どうやって気を遣ってその気にさせているのかな、というのを見ています(笑)」と語った。最後に視聴者に対しては、「台本を読んでいるだけでも、いったいどこでこんな仕掛けをしたんだろうと思うようなトリッキーな部分があるので、そういったところにも注目していただきつつ、登場人物たちのやりとりを楽しんで見ていただけたらな、と思います」とドラマの見どころを伝えている。

 ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、フジテレビ系で2019年1月10日よりスタート。
《KT》

関連ニュース

page top