フジ永島アナ、幻の聖火リレーコースを走る | RBB TODAY

フジ永島アナ、幻の聖火リレーコースを走る

『めざましテレビ』(フジテレビ系)でメインキャスターをつとめる永島優美アナウンサーが10月13日、地元の兵庫県を走った。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 『めざましテレビ』(フジテレビ系)でメインキャスターをつとめる永島優美アナウンサーが10月13日、地元の兵庫県を走った。


 今年番組開始25年目を迎えた同番組。東京2020オリンピック・パラリンピックまであと2年と迫る中、今年7月から丸1年かけて、東京1964オリンピック聖火リレーのルートを、全国各地の視聴者ランナーや番組出演者らがたすきリレーを行うプロジェクトを行っている。永島アナが走ったのは、このプロジェクトの一環だ。

 同日あさ9時に兵庫県庁付近のスタートラインに立った永島アナだが、2キロという距離にも少し不安を抱えるも、無事完走。なんと、ゴール地点には祖母の姿も。「最初スタート地点に母がいて、ゴール地点に祖母がいて...驚きました!見慣れた街を走っていて、いろいろな思い出がフラッシュバックしてきて…地元を走るのってこんなに楽しいんだなって思いました。最高の天気にも恵まれて、とても気持ちが良かったです」と感想を語った。

 また永島アナは、コースで通過した王子競技場付近を改めて訪れ、「仕事で神戸に来ることがないので。大学時代、王子競技場でチアリーディングの練習をよくやっていました」と学生時代を懐かしんでいた。今回のたすきリレーのコースは、1964年に台風のため唯一聖火リレーが中止となった“幻の聖火リレー”と呼ばれる兵庫県庁~大阪府庁、阪神間の40キロの内23キロ(兵庫県)の聖火リレーコース。当時“幻のランナー”となってしまい、悔しい思いをした総勢約700人のうち29人がこの日のたすきリレーに参加した。

 このたすきリレーの模様は19日放送の「めざましテレビ」(午前4時55分~8時)で届けられる。生中継では、幻のランナーの一人である森純也さん(72)が尼崎市でゴールテープを切る予定となっている。
《KT》

関連ニュース

page top