コスプレイヤー&シンガーのLeChat、フランス版“初音ミク”の親善大使に | RBB TODAY

コスプレイヤー&シンガーのLeChat、フランス版“初音ミク”の親善大使に

エンタメ その他
コスプレイヤー&シンガーのLeChat、フランス版“初音ミク”の親善大使に
  • コスプレイヤー&シンガーのLeChat、フランス版“初音ミク”の親善大使に
  • コスプレイヤー&シンガーのLeChat、フランス版“初音ミク”の親善大使に
  • コスプレイヤー&シンガーのLeChat、フランス版“初音ミク”の親善大使に
 コスプレイヤー&シンガーのLeChatが、フランス版“初音ミク”と称されるフランス発のヴァーチャル・シンガー“ALYS(アリス)”のキャラクターの親善大使に任命された。


 今回のオファーは、数多くのコスプレ写真を展開している彼女に、“ALYS(アリス)”を制作をしているフランスVoxWave社が心を射抜かれて実現されたもの。VoxWave社のJoffrey Collignon氏は今回の決定について、「ここフランスでは、日本はとても人気のある国です。子供の頃から一度訪れたい国でもありました。私は東京大学に留学して日本の文化にたくさん触れ、絶対に日本と仕事をするっと確信しました。そして私たちはLeChatを見つけました。彼女のコスプレの完成度は素晴らしい! LeChatならALYSを託せると思った。彼女もシンガーとして活動もしているのでALYSとコラボレーションが出来る事が最高に嬉しい。」と、喜びのコメント。

 今回、親日大使に任命を受けて、LeChatは「フランスが大好きで私の名前もフランス語なんです。早くフランスにも行きたいな~と思っていたので今回、この様な任命を頂いて本当に光栄です。フランスとの懸け橋になれる様、頑張らせて頂きます。これからALYSの衣装を作るのが楽しみです」と喜び、意気込みを語っている。

 LeChatは、ゲームやアニメでも展開されている「カードファイト!! ヴァンガード」の公式コスプレイヤーなども務める。日本国内では9月22日、23日に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」のDMM GAMES「甲鉄城のカバネリ-乱-」でキャラクターのコスプレを披露する予定。これまで、スイス、イギリス、ドイツ、香港、中国、ポーランド、シンガポール、ブラジル、マレーシアなど海外でも活動を展開している。
《KT》

関連ニュース

page top