武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成 | RBB TODAY

武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成

エンタメ その他
武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
  • 武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
  • 武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
  • 武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
  • 武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
  • 武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
  • 武井壮ら、「世界マスターズ陸上2018」男子400mリレー(45歳クラス)で二連覇達成
 スペイン・マラガで開催された世界マスターズ陸上2018にて9月16日、男子400mリレー(45歳クラス)に武井壮(45歳)、朝原宣治(46歳)らが出場。金メダルを獲得した。


 メンバーの走順は、1走が武井壮、2走が前回のリレーも一緒に走った、40歳以上の日本人で初めて100m10秒台を出したマスターズ陸上のレジェンド、譜久里武、3走が新潟から参戦の佐藤政志、アンカー4走が北京オリンピックメダリスト、朝原宣治。

 1999年にイギリスが出した世界記録の更新を狙っていたが、今回の記録は43秒77で、わずかに世界記録の43秒42には届かずだった。しかし、日本記録(2013年、44秒96)を大幅に更新する結果をみせた。

 今回の結果について武井は、「今回も世界記録更新にチャレンジしたんですが、惜しくも0.3秒届かず残念な結果になりました」とコメント。前回大会に続く同クラス二連覇については、「仕事のあとに、必ずトレーニングをできるモチベーションを保っていた結果」と語った上で、「世界記録への挑戦はまたしても失敗に終わりましたが、今後もこの世界記録のみならず、地球上にある様々なチャレンジに挑戦していきたいと思いますんで、今後もこのマスターズ陸上だけではなく、私達のすべてのチャレンジを楽しみにしていてください」と呼びかけた。
《KT》

関連ニュース

page top