内野聖陽主演の『琥珀の夢』に、檀れい、生瀬勝久、原田美枝子ら追加キャスト | RBB TODAY

内野聖陽主演の『琥珀の夢』に、檀れい、生瀬勝久、原田美枝子ら追加キャスト

内野聖陽主演のドラマスペシャル『琥珀の夢』(テレビ東京)が10月5日よる9時から放送されることが決まった。また、このほど追加キャストとして、檀れい、生瀬勝久、大東駿介、渡邉蒼、中村梅雀、原田美枝子らの出演も明かされている。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
 内野聖陽主演のドラマスペシャル『琥珀の夢』(テレビ東京)が10月5日よる9時から放送されることが決まった。また、このほど追加キャストとして、檀れい、生瀬勝久、大東駿介、渡邉蒼、中村梅雀、原田美枝子らの出演も明かされている。


 同ドラマは明治・大正・昭和という激動の時代を背景に、“やってみなはれ”の精神で日本初の国産ウイスキー造りに命を捧げた男の人生を描いたヒューマンドラマ。原作はベストセラー作家・伊集院静の長編小説『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』。サントリー創業者・鳥井信治郎の生涯を描いた作品で、伊集院静が手掛ける初めての企業小説だ。

 内野が主人公・鳴江萬治郎を演じることはすでに明かされていたが、萬治郎を支える家族・鳴江家の面々として、最愛の妻・サト役を檀れい、弟思いの心優しき兄・千恵蔵役を生瀬勝久、萬治郎とサト夫妻の長男・寿太郎役を大東駿介、幼少時代の萬治郎役を渡邉蒼、息子思いの父・義兵衛役を中村梅雀、母・ちよ役を原田美枝子らが務めることが決定。

 出演が決まった檀は、「内野さんのお芝居に寄り添えるよう、温かく夫を支える妻であるよう、私も1つ1つのシーンを丁寧に演じました。1人の日本人の生き様を熱く描いた物語。観ていただければ、きっと誰もが萬治郎に惚れ、誇りに思うはず。今を生きる人々の胸にも響く『琥珀の夢』をぜひご覧ください」と呼びかけているほか、生瀬は「内野さんはああやろう、こうやろうという言葉ではなく て、“変化球を投げるけど受けて返してね”みたいなことが感覚的にできる俳優さんなので、一緒にお芝居かできて楽しかったです」とコメント。

 さらに、渡邉は「萬治郎の気持ちが観ている人に伝わるよう頑張っ て演じました。このドラマは登場人物の絆や一生懸命さに背中を押されるような作品。辛いことがあっても仲間や家族のため、そして夢のために、難しい挑戦をする主人公たちに感動すること間違いなしです」と語っているほか、原田は、「このドラマには良いセリフがたくさんありますが、印象的だったのが『生き金と死に金があってな』というちよのセリフ。自分の欲でやることは死に金なんだ、それは本当にいいことじゃないんだ、ということを幼い萬治郎に話すのですが、それは商人の魂であり、人としての生き方でもあるので、そういうことをストーンと言えるお母さんって、シンプルにいいなと思いました」と、感銘を受けたセリフについて伝えている。

 ドラマスペシャル『琥珀の夢』は、テレビ東京系にて10月5日よる9時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top