羽生結弦の映画出演は撮影当日まで秘密!阿部サダヲや瑛太ら本気で驚く | RBB TODAY

羽生結弦の映画出演は撮影当日まで秘密!阿部サダヲや瑛太ら本気で驚く

フィギュアスケーター・羽生結弦が、18放送の『今回のみ例外を認める』(TBS系)に出演。2年前に出た映画『殿、利息でござる!』の秘話が明らかになった。

エンタメ その他
羽生結弦選手【写真:田中】
  • 羽生結弦選手【写真:田中】
 フィギュアスケーター・羽生結弦が、18放送の『今回のみ例外を認める』(TBS系)に出演。2年前に出た映画『殿、利息でござる!』の秘話が明らかになった。


 映画の中で仙台藩第7代藩主・伊達重村を演じた羽生。公開時、その貴重なまげ姿が大いに話題となった。そんなオファーを特別に受けたのは、同作品が地元・仙台を舞台にした物語だということ、そして震災復興への思いがあったため、今回のみ例外として快諾したのだとか。

 だが実は撮影当日まで、羽生が出ることは一部の人しか知らない秘密だったという。そのため俳優陣はリハーサルに臨む前からソワソワ。メイキングカメラのスタッフと思われる人間に阿部サダヲが、「(お殿様役)知ってるんですか?」と聞けば、瑛太まで「もう来るんですか? 知ってるんですか?誰か」と質問攻めするシーンも紹介された。

 そして羽生不在のままリハーサルがスタート。途中、「あちらの奥の間でございます」という一声とともに、羽生が出現すると、阿部や瑛太も思わず素に戻り驚き。西村まさ彦は思わず笑いだしてしまうほど。

 だがリハーサルはそのまま続き、羽生は堂々とした演技を披露。しばらくしてカットがかかり、リハが終了すると、それまで座敷に正座していたキャストは立ち上がりスタンディングオベーションしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top