緊迫の裁判シーンに場外戦も!映画『判決、ふたつの希望』の本編映像解禁 | RBB TODAY

緊迫の裁判シーンに場外戦も!映画『判決、ふたつの希望』の本編映像解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2017 TESSALIT PRODUCTIONS ROUGE
  • (c)2017 TESSALIT PRODUCTIONS ROUGE
 ジアド・ドゥエイリ監督作『判決、ふたつの希望』が8月31日よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開となる。このほど、緊迫の裁判シーンが垣間見れる本編映像が解禁された。

 同作は、ふたりの男性の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに裁判沙汰となり、国家を揺るがす騒乱にまで発展する様を描いた作品。監督自身の実体験をもとに作り上げられた物語は、宗派や信条の違いを超えレバノン国内で爆発的な大ヒットを記録。さらに、第90回アカデミー賞ではレバノン史上初となる外国語映画賞ノミネートの快挙を成し遂げるなど世界中の映画ファンからの圧倒的な支持を集めた話題作だ。

 今回解禁された映像は、法廷で、主人公の自動車修理工場を営むトニーと住宅補修の現場で働くパレスチナ人のヤーセル、双方の側が互いの意見をぶつけ合う重要な裁判シーンの一部。傍聴席からは野次が飛び、白熱した公判が展開される中、さらに、双方の代理人である弁護士が激しく言い争う様子が描かれている。

 「被告の名誉や身分を辱める-これはヘイト・クライムです」とヤーセルの弁護人・ナディーンが発言すると、トニーの弁護人・ワジュディーは「どの屈辱だ?原告とその不運は関係ない。災禍と同じだ」と応戦。その言葉の応酬に、傍聴席ではさらに激しい言い争いが広がる。歴史の傷に触れる過激さと緊迫感が増していく裁判所内の様子に、思わず裁判長は両弁護士に対し「ふたりとも落ち着いて」「私に防弾ベストを着せる気?」と焦りを見せるほどだ。

 裁判所の外でも激しく争う一般人が映し出され、それがニュースとして取り上げられるなど、加熱するマスコミ報道もあいまって、みるみるうちに対立が激化。国を巻き込んでいく様子が伺える。前代未聞の壮絶な裁判の行方は?そして、世界中を魅了し、感動の渦を巻き起こしたトニーとヤーセルが見つけた新たな希望とは?

 ちなみに、今回の解禁映像で見られる傍聴席の人々が激しく野次をとばすような様子は、弁護士の母を持つ監督によるとレバノンではよく見る光景だそう。そんな日本とはまた一味違った、激しい法廷バトルも新鮮に感じるはずだ。映画『判決、ふたつの希望』は、8月31日よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開。

《KT》

関連ニュース

page top