加藤浩次、高橋真麻のギネス記録にライバル宣言「簡単に超えてやる!」 | RBB TODAY

加藤浩次、高橋真麻のギネス記録にライバル宣言「簡単に超えてやる!」

極楽とんぼ・加藤浩次が、9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、高橋真麻の樹立したギネス記録に異議を唱える一幕があった。

エンタメ その他
加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
  • 加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
 極楽とんぼ・加藤浩次が、9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、高橋真麻の樹立したギネス記録に異議を唱える一幕があった。


 真麻が挑戦したのは、「1分間高速ティッシュ引き抜き」。箱の中から1分間で何枚取ることができるかを競うもので、これまでの記録は76枚だという。製紙会社から発売されているティッシュペーパーの宣伝のために行われたのだが、これで真麻はこれまでの記録を大きく上回る116枚でフィニッシュ。見事ギネス記録に輝いた。

 だが、このもようをスタジオで見ていたのが加藤。最初は真麻の挑戦を温かく見ていた彼だったが、抜き取りがおぼつかない真麻に次第に「全然ダメだ」とイラつき、「遅いよ、遅いんだよバカ野郎!」と激高。さらに一度に何枚も取ってしまう場面では「何してるんだよ!」と怒りがマックスに。

 さらに116枚という枚数についても、加藤は「あんなの簡単に超えてやるよ!」と堂々のライバル宣言。さらに「こんなのでもらったら汚ねぇよコレ!こんな出来レースないね、ダメだ、ダメだ」と声を荒げた。

 そこで急きょ、エンディングで加藤が同じチャレンジに挑戦することに。だが、ティッシュカバーが布製だったこともあり、「カバーがよ!カバーが!」と、なかなか取れずに苦戦。それでも片手で何とか取り続け、結果は122枚。ハリセンボン近藤春菜から「超えたけどそんな大差ない……」と言われると、加藤も笑っていた。
《杉山実》

特集

page top