さまぁ~ず大竹、テレビの編集に憤り「鬼嫁とか言ったことない」 | RBB TODAY

さまぁ~ず大竹、テレビの編集に憤り「鬼嫁とか言ったことない」

エンタメ その他

大竹一樹【写真:鶴見菜美子】
  • 大竹一樹【写真:鶴見菜美子】
 さまぁ~ず大竹一樹が、27日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。テレビの編集に対し憤りをあらわにする一幕があった。

 大竹は2011年、元フジテレビアナウンサーの中村仁美と結婚。最近ではその恐妻家ぶりがクローズアップされ、双方がそれぞれテレビに出ては相手への不満を漏らすなど話題となっている。

 この日の番組では、TOKIOのメンバーと、近しい人に自分のテレビ番組を見せたくない理由について語り合った大竹。その一つとして城島茂が“テレビの編集”を挙げ、「不本意なときありますよね」と同意を求めると、大竹は「そう、編集もある!」と共感。

 さらには「俺の口から鬼嫁とか言ったことないんだから!」と、妻である中村仁美にそう言った覚えはないと強く否定しながら、「でもタイトルで『鬼嫁』って出る」と、編集の怖さについて言及。そして、「俺が言ったんじゃない、俺が言ったんじゃない」と繰り返し強調していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top