“嫌いな芸人ランキング1位”アキラ100%、自身の芸風は「パクチー」 | RBB TODAY

“嫌いな芸人ランキング1位”アキラ100%、自身の芸風は「パクチー」

アキラ100%が、10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。「嫌いな芸人ランキング1位」に選ばれたことに持論を述べた。

エンタメ その他
アキラ100%(撮影:non)
  • アキラ100%(撮影:non)
  • アキラ100%【撮影:小宮山あきの】
 アキラ100%が、10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。「嫌いな芸人ランキング1位」に選ばれたことに持論を述べた。

 「日経エンタテインメント!」7月号で発表された「好きな芸人ランキング」。1位はサンドウィッチマンが初の首位、2位、3位、4位はそれぞれ、明石家さんま、ビートたけし、タモリというお笑いBIG3、5位はこの4月から『あさイチ』(NHK)の新MCに就任した博多華丸大吉がランクイン。

  一方、「嫌いな芸人ランキング」で1位に選ばれたのがアキラ100%。投票意見として「公共の電波で流して良い芸ではない」というものが多かったそうだが、東野幸治から「それはもう出たときから覚悟の上」と指摘されたアキラは、「そうです!」と力強くうなづき、「これは本当にパクチーみたいな芸なんで、好き嫌いがむちゃくちゃ分かれるんですよ」と主張。続けて「好きな人はすごい好きですし」と訴えたが、ダウンタウン松本人志から「ちょっと例えがよく分からない」と注意された。

 するとアキラは「例えとかそういうのがダメでこうなってますから」と、行きついた芸風を語っていた。

 アキラは2015年、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)のネタ見せ企画「山-1グランプリ」で初めてテレビに登場。そこで「ダウンタウンチルドレンですよ!」と松本に言ったのだが、松本からは「違うわ!とあっさり否定されていた。

 また優勝後ブレイクのきっかけとなった『R-1ぐらんぷり2017』(フジテレビ系)で審査員を務めたヒロミからは「つまらないって言うけどもともとそんなに爆笑じゃないんだから」と言われるなど散々だった。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top