是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激 | RBB TODAY

是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激

エンタメ 映画・ドラマ

是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激
  • 是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激
  • 是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激
  • 是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激
  • 是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激
  • 是枝監督、佐々木みゆからのお手製パルム・ドール像のプレゼントに感激
 第71回カンヌ国際映画祭の「コンペティション部門」で最高賞“パルム・ドール”に輝いた映画『万引き家族』が本日9日から全国公開となった。このほど、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで公開記念舞台挨拶が行われ、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林、是枝裕和監督が登壇した。

 同作は生計を立てるために家族ぐるみで万引きなどを重ねていくうちに、一層強く結ばれる一家の物語。

 初日を迎えられたことについて尋ねられると是枝監督は「本当はもう少し小さく生んで、小さな声で届ける作品にしようと思っていましたが、結果的に広く、遠くに届けられることになりました。これも、スタッフ、キャストが支えてくれたお陰だと思っています。すごい嬉しいです」と喜びのコメント。

 撮影は昨年夏の2日間と、年末年始を挟み真冬の1ヵ月半で撮影を完了。そして1年も待たずして公開を迎えた同作。安藤は「産後初に海でのシーンを撮影して、また正月に入ってから過ごした家族との是枝組で過ごした時間は、短くても穏やかでしたが、(賞を獲ったことで)こんな興奮と爆発が起こっていることに混乱しています!」と率直な今の思いを明かし、「監督に限らず、みなさん凄い方。いわば、本当はキャビアなのに、納豆を食べている感じ。今日で一区切りつくと思うと寂しいです」と独特の表現で振り返った。

 また、舞台挨拶では子役のみゆちゃんが是枝監督のために作ってきたというお手製パルム・ドール像を直接プレゼントする一幕もあった。みゆちゃんが「葉っぱがキレイだなって思って、テレビをみてつくりました!」と明かすと、安藤が補足させてくださいと「賞が決まったときは寝てしまっていたけど、受賞したことを聞いて、飛び起きて、誰に何を言われるでもなく、黙々とつくり始めたらしいんです!」とあらためて明かし、会場からは拍手が。是枝監督は「本物はプロデューサーに渡して、僕はこれをもらいます」と喜びをあらわにしていた。

 最後に是枝監督は「納豆ごはんのような映画なので(笑)毎日食べられるように、観る度に味わいが違う映画だと思います。子供たちの視点、大人たちの視点とそれぞれに違った視点でみることでも、様々な感情が生まれると思います。長く上映を続けていきたいと思っているので、是非また劇場へお越しいただけると嬉しいです」と挨拶をし、イベントは終了した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top