関根勤と稲村亜美が「野球盤」で対決! 稲村は“神スイング”がふるわず「悔しい~」 | RBB TODAY

関根勤と稲村亜美が「野球盤」で対決! 稲村は“神スイング”がふるわず「悔しい~」

タレントの関根勤・麻里親子が4日、都内で行われたエポック社 創業60周年記念イベント&「野球盤」新作発表に登場した。

エンタメ その他
稲村亜美【撮影:小宮山あきの】
  • 稲村亜美【撮影:小宮山あきの】
  • 関根勤【撮影:小宮山あきの】
  • 関根麻里【撮影:小宮山あきの】
  • 稲村亜美【撮影:小宮山あきの】
  • 関根麻里、関根勤【撮影:小宮山あきの】
  • 関根麻里、関根勤【撮影:小宮山あきの】
  • 稲村亜美、関根麻里【撮影:小宮山あきの】
  • 稲村亜美、関根麻里【撮影:小宮山あきの】
 タレントの関根勤・麻里親子が4日、都内で行われたエポック社 創業60周年記念イベント&「野球盤」新作発表に登場した。

 イベントでの共演は初となる関根親子。勤は、麻里との共演について「小さいときからずっと二人でふざけて暮らしてきたので、リビングの延長みたいな感じで、全然緊張しないですね」とにっこり。麻里も「毎日のように孫娘に会いに来てますからね。いつも通りな感じです」と笑顔を見せた。

 現在、2歳の娘の母親である麻里は「子育てと自分の時間のコントロールはできている?」と聞かれると、「私の方がまだできてるかな。じいじ(勤)は全然このトロールてきていないです。完全に孫にコントロールされてますね」と勤の孫娘への溺愛ぶりを暴露。

 これを受けて、勤は「昨日も僕は怒られまして…。孫が食パンを食べてたんですけど、ミミが好きなので、新しい食パンを出してきて『(ミミを)食べる』っていうので、いいかなって食べさせていたら、妻と麻里に怒られまして。『1枚をちゃんと食べてから、次にいくようにと教育してください』って言われて、私は5分間黙っていました。理論はわかるんだけど、可愛いすぎてね」と告白して、会場の笑いを誘った。

 また、“神スイング”で話題の稲村亜美が登場し、同社の新商品の「野球盤」で、勤と対決する一幕もあった。

 始球式でおなじみの稲村は、対決を記念して「野球盤の始球式」も披露。稲村が野球盤で“投球”すると、球速136キロの記録となり、稲村は「すごい記録ですよ~」と大喜び。勤との「野球盤対決」では、稲村の“神スイング”はふるわず、勤の勝利となり、稲村は「完敗です。悔しいですね~」と笑顔で嘆いていた。

 囲み取材では、麻里が勤について「1日に二回とか孫に会いに来る。午前中に遊びに来て、夜に一緒にお風呂に入りにくる」とエピソードを明かすと、勤は「孫の髪と体を洗ってあげて、湯船に入れると、孫がにこーっとするんですよ。もう今までの嫌なことをすべて忘れます。ストレスフリーになる」とデレデレの“じいじ”の表情。

 麻里の夫で韓国人歌手のKについて、「娘と仲が良すぎて、嫉妬しない?」と質問が飛ぶと、麻里は「すごく喜んでいます。家族みんなが仲が良いのはすごくいいいことなので」とコメントし、勤も「(孫は)パパはパパで大好きなので、僕とは持ち味が違うので」と笑顔を浮かべた。

 また、「二人目は考えている?」とふられた麻里は「どうですかね、こればっかりはわからないですよね」と語るも、勤は「欲しいですよね。麻里も女の子なので、男の子も一緒にふざけてみたいな。男の子はプロレスごっこができるんですよねえ」と目を細め、「孫がこんなに可愛いなら、ひ孫はどんなんだろうっていう探究心も芽生えましたね。孫の成人式までは頑張りたい。健康管理もしています」と夢をふくらませていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top