【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた | RBB TODAY

【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた

ライフ その他

【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
  • 【ワンコとお出かけ Vol.13】ドッグランデビューで、「58ロハスマルシェ」に行ってきた
我が家のハッピーも生後6ヶ月。底知れぬエネルギーを発散させるため、いよいよドッグランデビューです。目指すは「58(ファイブ エイト)ロハスマルシェ」。我が家では初訪問です。

栃木県矢板市にある「58ロハスクラブ(旧58ゴルフクラブ)」で行われる「58 ロハスマルシェ」は、“手作り”と“地産地消”をコンセプトに、地域の人々との交流と地域活性化を目指し、健康と環境に配慮した持続可能なライフスタイルを推奨するイベントとして開催されています。(後援:下野新聞社、とちぎテレビ、エフエム栃木など)会場は東北自動車道の矢板インターから約10分、アクセス良好です。



今回の「58ロハスマルシェ」は第9回。毎回「スペシャルテーマブース」を設けており、今回のテーマは「こだわりのコーヒー飲み比べ」と「手作りパン」。コーヒー専門店やベーカリーが15店以上出店しています。地域の農産物を活かした商品や作家さんの手作り雑貨・洋服など、二日間トータルでは250ブース以上が並んだようです



会場に到着してビックリ!
誘導された駐車場は美しいグリーンで、こんなに気持ちが良い駐車スペースは初めてです。

ここからメイン会場までは遠くありませんが、ゴルフカードが頻繁に周回しており、ハッピーも抱っこして同乗させてもらいました。(入場、駐車、ゴルフカードとも無料)



200メートルほどカートに乗ると、クラブハウスを中心としたマルシェ会場に到着。ワンコ連れの人も多く、皆さん、とても楽しそうです。



早速、ハッピーとドッグランに移動。ドッグランは大小2箇所あり、日本最大級だそうです。マルシェ開催日は、なんとドッグランが無料で利用可能。(通常 料金は1頭500円 ※レストラン利用、いちご狩りで無料)



ドッグラン初体験のハッピーですが、いきなり他のワンコと猛烈に走り回ります。大型犬のお尻をクンクンしすぎで、一度は教育的指導を受けましたが、無事に初ドッグランを楽しんだようです。



ドッグランで発散した後は、広い会場をゆっくり散策。グランピングテントや可愛いヤギさんたちのログハウスもあり、一日楽しめそうです。木陰やタープにはチェアやテーブルも用意されており、運営されている方々の気配りを感じました。



マルシェのブースは地産の農産物を活かした商品や飲食物、手作り雑貨・衣類も豊富。コーヒーも美味しく頂きました。



手作りペットグッズのお店や本格ピザのお店などもあり、目移りしてしまいます。



クラブハウス内には輸入雑貨や家具が所狭しと並んでいます。薪ストーブも販売中でした。

二階の広いレストラン(58ロハスキッチン)では、自家農園の有機栽培野菜を使用した健康食をビュッフェスタイルで楽しめ、テラス席ではワンコとお食事OKだそう。今度は是非トライします。



次回の【58ロハスマルシェ】は6/2(土)と6/3(日)に開催。「スペシャルテーマブース」は『花』と『香り』だそうです。素敵なイベントなので、ワンコとお出かけされては如何でしょうか?

【筆者プロフィール】礒野登希夫(Isono Tokio)
東京生まれ、栃木県在住。1977年、本田技術研究所に入社。二輪、汎用、四輪の開発と商品企画を担当。2000年頃よりペット用クルマや商品の企画も。2015年からホンダアクセスの広報担当、その後退社。20年前から愛犬とのドライブを楽しむ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top