松本人志、日大タックル問題の教訓は「権力の上に“正座すること”」 | RBB TODAY

松本人志、日大タックル問題の教訓は「権力の上に“正座すること”」

ダウンタウン松本人志が、27日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。連日報道されている日大アメフト部の危険タックル問題に言及した。

エンタメ その他
松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
 ダウンタウン松本人志が、27日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。連日報道されている日大アメフト部の危険タックル問題に言及した。

「(他のコメンテーターと)一緒になって言っててもアレなんで」と切り出し、「権力の上であぐらはかいてはいかんなということを我々は教訓として学ぶしかないんじゃないですか」と主張。「権力を得るのは悪いことではない」としながら、「そこの上で正座するというか」と述べていた。

 そして、「落語立川流」の家元で、また毒舌で知られた立川談志に重ねて、「談志師匠も高座の上では正座してましたもんね」と言うと、その弟子・志らくも「そうですね。一席終わったら誰よりも丁寧にお辞儀してましたから」と振り返った。

 松本はまた、「僕も含め、こんだけ話題になってるのに結局この試合、どっちが勝ったか誰も分からない」と笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top