元AV女優役に夏帆「正直即決で決められた訳ではなかった」……映画『友罪』舞台挨拶 | RBB TODAY

元AV女優役に夏帆「正直即決で決められた訳ではなかった」……映画『友罪』舞台挨拶

生田斗真と瑛太が主演を務める映画『友罪』が25日から公開となった。このほど、東京・TOHOシネマズ日比谷で公開舞台挨拶が行われ、主演の生田と瑛太に加えて、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子、瀬々敬久監督が登壇した。

エンタメ 映画・ドラマ
元AV女優役に夏帆「正直即決で決められた訳ではなかった」……映画『友罪』舞台挨拶
  • 元AV女優役に夏帆「正直即決で決められた訳ではなかった」……映画『友罪』舞台挨拶
  • 元AV女優役に夏帆「正直即決で決められた訳ではなかった」……映画『友罪』舞台挨拶
  • 元AV女優役に夏帆「正直即決で決められた訳ではなかった」……映画『友罪』舞台挨拶
 生田斗真と瑛太が主演を務める映画『友罪』が25日から公開となった。このほど、東京・TOHOシネマズ日比谷で公開舞台挨拶が行われ、主演の生田と瑛太に加えて、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子、瀬々敬久監督が登壇した。

 同作はかつて世間を震撼させた神戸児童連続殺傷事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤を描く物語。

 己の罪と闘いながら友となった鈴木の真の姿を探る元週刊誌ジャーナリストの益田純一役を演じた生田は、「特に賛否両論ある映画だと思う」と作品全体を考察。元少年A・鈴木秀人役を演じた瑛太は、実際に原作小説のモチーフとなった神戸児童連続殺傷事件における少年Aの手記を読み、「人間である以上、動物である以上、そういった(少年Aのような)衝動が生まれてきてしまうということに、どこか共感めいたものを感じてしまう部分もあった」と複雑な心境を告白し、「色々なことを感じたが、演じるとなったら、どんな役でも愛していないと僕は演じることができないので、僕自身が鈴木を守ってあげたいと愛しながら撮影していました」と振り返った。

 元AV女優として暗い過去を持ちながらも、鈴木に次第に惹かれていく藤沢美代子に体当たりの演技で挑んだ夏帆は、憧れの瀬々監督作品の出演に大きな喜びを感じつつも、「正直即決で決められた訳ではなかった」とオファー当時を振り返り、「美代子を受け入れることができるかすごく悩みましたが、だからこそ挑戦したい気持ちが勝った」と明かした。一方、益田の元恋人で自身も雑誌記者である杉本清美を演じた山本は、生田との共演を振り返り、「普段は本当に気さくに話しかけてくださっていたのですが、編集部に益田が乗り込んでくるシーンの撮影時に、生田さんがテストの時からピリッとした空気感を作っていらして、やっぱり生田さんはすごいなと思いました」とコメント。生田のことを「尊敬している」と続ける山本に、生田は照れ笑いを浮かべ、「すみません、役者ぶっちゃって(笑)」と笑わせた。

 イベントの最後、同作での生田と瑛太を称賛した監督は、次に2人を起用するなら「2人の立場を反対にして、例えば生田さんが死刑囚で、それを看取る刑務官を瑛太さんに演じてもらいたいな。僕が好きなショーンペンの『デッドマン・ウォーキング』みたいに」と意欲を見せるも、双方から「監督、本当にありがたいんですけど、もうちょっとポップなものを今度はやりたいねって2人で話していたので、ポップな作品でお願いします!(笑)」と懇願され、会場は笑いに包まれていた。

 映画『友罪』は現在公開中だ。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top