実写映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に夏帆&東出昌大!過去と現在が交差する特報映像も解禁 | RBB TODAY

実写映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に夏帆&東出昌大!過去と現在が交差する特報映像も解禁

エンタメ 映画・ドラマ

(C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 配給:20 世紀フォックス映画、KADOKAWA
  • (C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 配給:20 世紀フォックス映画、KADOKAWA
  • (C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 配給:20 世紀フォックス映画、KADOKAWA
 シリーズ累計640万部突破のベストセラー、『ビブリア古書堂の事件手帖』(三上延著)。その実写映画が、11月1日に全国公開となる。このほど、新キャストが発表されたほか、特報映像が解禁された。

 鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。その店主である篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく同シリーズ。今作では、極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子を女優・黒木華が、そしてひょんなことからビブリア古書堂で働き始め、栞子に密かに思いを寄せる、不器用ながらも誠実で不器用な青年・五浦大輔(ごうらだいすけ)を、俳優・野村周平が演じる。

 今回、キャストが新たに発表。野村演じる大輔の亡くなった祖母・五浦絹子(ごうらきぬこ)の若き日を女優・夏帆が務めることに加え、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄(たなかよしお)を東出昌大が演じることが決まった。原作を読んでいたという東出は「(現代パートは)魅力的な俳優さんがたくさん出ているので、原作から飛び出してきたような、原作の魅力そのままの映画になっている」と原作ファンも楽しめると話し、夏帆もクランクアップ直後に「もう少し、撮影をしていたかったというのが今の正直な感想。現在と過去がつながった時に、一体どういう映画になるのか凄く楽しみです」と作品が終わった心境と、作品への期待感を語っている。

 さらに、特報映像も解禁。大輔の亡き祖母の遺品の中から出てきた夏目漱石の「それから」と、栞子が大切に保管している太宰治の「晩年」の2冊の本を中心に、黒木と野村が演じるビブリア古書堂を舞台とした “大切な秘密”を巡る「現在のパート」、そして東出と夏帆の演じる“知られてはいけない恋”を描く「過去のパート」が交差し、ある事件を解決へと導くミステリアスな雰囲気漂う映像となっている。

数々の実在の名作古書と、そこに刻まれた謎と秘密を紐解く古書ミステリー映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、11月1日全国公開。

《Tsujimura》

関連ニュース

page top