国分太一、渦中の日大アメフト選手の会見に同情「会見する側の景色は本当に震える」 | RBB TODAY

国分太一、渦中の日大アメフト選手の会見に同情「会見する側の景色は本当に震える」

エンタメ その他

 TOKIO・国分太一が、22日放送の『ビビット』(TBS系)で、悪質タックルを仕掛けたとされる日大のアメフト選手を思いやった。

 6日に行われた定期戦で、関西学院大学の選手に故意ともとれるタックルを仕掛け、全治3週間の大けがを負わせたことから端を発したこの騒動。日大・内田正人監督の誠意のない謝罪会見を機に波紋はさらに広がっている。一部からは、このタックルは内田監督からの指示があったと言われている。

 そしてきょう22日の午後から、当事者の日大選手が、監督からの指示があったのかどうかを含めて会見を開く。国分は「これだけ注目されているとカメラも相当あると思います」とメディアからの関心も高いと話し、「自分も最近メンバーの問題で会見をすることになりました。会見する側からの景色というのは本当に震えるような景色でした」と、グループの元メンバー山口達也をめぐる一件で会見を開いたことに言及。

 そして、「それを大学生が一人で立たなければいけない」と、選手の置かれた状況を思いやった。さらに、やってしまったことに対しては謝罪しなければいけないとしつつも、「ただ、これをやることが本当に良いのか。日大としては学生一人も守ることができないのか」と、彼をここまで追い込んでしまった日大側にも、やるせなさをぶつけていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top