GENKING、女性になって最初にしたことは「彼氏に報告」……結婚は「ないしょ!」 | RBB TODAY

GENKING、女性になって最初にしたことは「彼氏に報告」……結婚は「ないしょ!」

タレントのGENKINGとモデルの秋本祐希が14日、都内にて開催された「FANCL×STORY『コラーゲン リスタート 宣言イベント』に出演。GENKINGが現在の心境や結婚についての展望を語った。

エンタメ その他
GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • 秋本祐希【写真:竹内みちまろ】
  • GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • 秋本祐希、GENKING【写真:竹内みちまろ】
  • 秋本祐希【写真:竹内みちまろ】
  • GENKING【写真:竹内みちまろ】
 タレントのGENKINGとモデルの秋本祐希が14日、都内にて開催された「FANCL×STORY『コラーゲン リスタート 宣言イベント』に出演。GENKINGが現在の心境や結婚についての展望を語った。

 GENKINGは、昨年5月にタイで性別適合手術を受け、戸籍上の性別を「女性」に、戸籍上の本名を「元輝(げんき)」から「沙奈(さな)」に変更した。この日は、約1年ぶりの公の場所への登場となった。

 ピンクのシャツにホワイトのミニ丈キュロットスカートというフェミニンコーデで登壇したGENKINGは、輝く美脚で報道陣を魅了した。「普段、こういったピンクはまったく着ないのですが、スタイリストさんと相談して初挑戦してみました」と照れ気味にはにかんだ。美肌の秘けつを尋ねられると、日々のお手入れや食生活の大切さをあげるも、「あとはもう、恋愛です!」とにっこり。「私はそこが一番で、自分のために頑張るというよりは、好きな人に『可愛い!』と言ってもらいたいので、そのためだけに頑張っています」と乙女心を弾けさせた。

 現在の状況については、「お世話になっている事務所に関しても、すべてをリセットした状態で、お仕事を再出発しています。戸籍も、本名も、すべて変わりました。“女の子1年生”といいますか、そういった感覚なので、仕事も、恋愛面も、全部がリスタートしている状況です」と報告。「男の子だったときにできなかった夢などをやっと叶えられる状況になったので」といい、「色々な方がいると思いますが、私はこのようにメディアに出ていますので、自分が“生きる目標”となれるようなお仕事がたくさんできたらいいなと思います」と目を輝かせた。

 「女性になって、一番最初に何をしました?」と尋ねられると、「彼氏に報告しました」とコメント。「彼氏は、もともと私のことを女だと思っていたので、『えっ?』みたいな感じだったのですが、でも、戸籍も名前も変わって、世間的にも結婚できるし、ということをちゃんと報告しました」と続けた。GENKINGはこの日、左手の薬指にリングをはめており、結婚について質問されると「それはしますね!」とキッパリ。結婚の話もしていることを匂わせたが、相手の男性に迷惑がかかることを心配し、結婚の時期についても、左手の薬指の指輪についても、「ないしょ!」と煙に巻いた。

 体も、戸籍上の性別も女性になったことで起きた変化が話題にあがると、「日々の生活がすごく優しくなりました」と告げ、病院で女性の名前で呼ばれるようになったことや、女性用のロッカーキーを当たり前のように渡されるようになったエピソードなどを紹介。「みんなが受け入れてくれます。今まですごくいじめられましたけど、女の子になってからの方が嫌な経験がまったくないので、心から女の子に戻れてよかったなと思います」と嬉しそう。

 ただ、“GENKING”という芸名を変える予定については、「今回のこのタイミングで名前を変えたいなとすごく思っていたのですが、事務所に相談したら、『GENKINGとしてもちゃんとお仕事をしていないのだから名前を変えるのはまだ早い』と言われました。本当は変えたかったのですが」と明かした。「GENQUEENも考えたのですが、そうすると、余計に2丁目間感があって(笑)」と笑いを誘い、「このお仕事をやっていく限り、結婚するとかの大きなお仕事がない限り名前を変えられない気がするので、早く名前を変えられるように頑張ってお仕事をいっぱいしようと思います」と意気込み。「変えるとしたら結婚のタイミングですか?」と突っ込まれていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top