広末涼子、14歳の長男から手料理を酷評されることを明かす | RBB TODAY

広末涼子、14歳の長男から手料理を酷評されることを明かす

エンタメ その他

(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 広末涼子が、12日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)に出演。14歳の長男から手料理を酷評されることを明かした。

3児の母親である広末。料理はなんでも作るが、今はハンバーグやオムライス、ビーフシチューといった“子どもメニュー”が多いという。 

 そんな子どもたちからは「『外食よりはウチが良い』と言われる」と語り、「ってことは、悪くないのかなとは思う」と、味について一定の評価をしてくれているのではないかと話した。

 だが14歳の長男はその料理を「褒めてはくれない」とし、「俺はもっと味の濃いほうが好きだ」「ここが焦げてるからもう一回やり直せ」などと酷評されるという。その上で広末は長男の気質を「すごい亭主関白」と評した。

 これに対してチュートリアル・徳井義実は、「広末涼子の手料理食って、文句
を言うとは、どういう了見なんですか!?」と声を荒げていた。

 「その攻防戦を見ているので、下の子たちはとってもやさしいです」と言う広末。「『美味しい』って食べてくれるし、『ママのお料理大好き』って言ってくれる」と嬉しそう。サバンナ・高橋茂雄は、「子どもってそういうの察するんですね」と吐露していた。

 InstagramやfacebookといったSNSは「何もやっていない」という広末。だがそれに関して長男から「なんで(SNSを)やらないんだ?」と聞かれたことがあるという。「逆に人に見て欲しくない」と答えると、「えっ? もっと人気出るかもよ」と言われたのだとか。徳井は「いや長男くん、もう、ずいぶん人気あるのよ」とカメラに向かって呼びかけていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top