綾瀬はるかが初の義母役に挑戦!ドラマ『義母と娘のブルース』が7月スタート | RBB TODAY

綾瀬はるかが初の義母役に挑戦!ドラマ『義母と娘のブルース』が7月スタート

エンタメ 映画・ドラマ

(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 TBSは、7月期の火曜ドラマ枠で『義母と娘のブルース』を放送する。このほど、同ドラマで綾瀬はるかが主役を務めることが決定した。

 原作は今や入手困難な幻の4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)。桜沢鈴による義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語だ。女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していくのではないだろうか・・・。同ドラマは、綾瀬はるか演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語だ。

 綾瀬は、主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子を演じる。これまで、さまざまな役柄を演じてきた綾瀬だが、同作では初の義母役に挑む。一方、綾瀬演じる亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン・宮本良一を演じるのは、同局連続ドラマに6年ぶりの登場となる竹野内豊。良一は、決して優秀な仕事ぶりではないが職場では誰からも愛され、日々小さな奇跡を見つけることが好きな朗らかな性格。そして8歳の娘を持つ父親だ。綾瀬と竹野内は同作がドラマ初共演となる。

 綾瀬は、「キャリアウーマンが結婚、そして相手には子どもがいて・・・キャリアウーマンが仕事のようにはうまくいかず、子どもに悪戦苦闘する姿は滑稽なところもあるんですが、温かくて、クスッと笑えて、ほっこりする物語です。視聴者のみなさまにもほっこりして頂ける様に頑張ります」と意気込みをコメント。一方の竹野内は、「血の繋がりはなくとも、それぞれに日常起こる悲しみや喜びを、惜しみない愛と努力で共有していく家族の姿は、とても愛おしいです。義母と娘と実父の、誰かを幸せにしてあげたいともがく様を毎週ご覧頂けたらうれしいです」と呼びかけている。『義母と娘のブルース』は、TBS系にて7月スタート。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top