5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす | RBB TODAY

5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす

エンタメ 映画・ドラマ

5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
  • 5年ぶり主演の中山美穂、「お久しぶりです!」コール&レスポンスで会場沸かす
 中山美穂が12日、都内で行われた映画『蝶の眠り』(5月12日公開)舞台挨拶付きプレミア試写会に、石橋杏奈、勝村政信、永瀬正敏、新垣隆(音楽監督)、チョン・ジェウン監督と登壇した。

 同作では、作家を目指す青年チャン(キム。ジェウク)との年の差を超えた究極の愛をテーマに、遺伝性のアルツハイマーに侵され、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされ女性小説家(中山)の人生最終章が描かれる。

 5年ぶりに主演を務める中山は「初夏の陽気の中、すごい風と花粉が舞う中、蝶のようにひらひらとやって来てくださってありがとうございます」とあいさつすると、「監督から長いラブレターいただいて、どうしてこの作品に私を選んだのか、『Love Letter』(1995年の主演映画)がどれだけ好きかという熱い思いに感動して、お引き受けしようと思いました」とオファーを受けた理由を説明した。するとチョン監督は、「韓国で日本映画と言えば『Love Letter』、そして日本人女優と言えば中山さんなので、主人公を誰にしようかと考えた時は、中山さんしか思い浮かびませんでした」と言い切り、初タッグを喜んだ。

 中山と同い年で、子供の頃はアイドルとして見ていた中山と初対面した新垣も感激しきり。楽屋で、自身が所属するロックバンドにボーカルとして参加してもらう約束をしてもらったそうで、「美穂さんとユニットを組みます!」と宣言して、観客の笑いを誘った。

 一方の永瀬とは30年来の仲だそうで、中山は「台本に名前が書いてあって、『あっ、永瀬くんだ!』と思って連絡したら、『美穂がやるから(俺も)やるんだよ』と言ってくれて、有り難いなと思いました」としみじみ。永瀬は「永瀬くん」という呼び方は「対外的」とぶっちゃけつつも、「昔から知っている仲間のうちの一人だったので、彼女が主役ということで是非と(引き受けました)」と語っていた。

 その後、チョン監督は撮影現場でスタッフ・キャストが「おはようございます」の代わりに、「お久しぶりです」と言っていたことを明かすと、『Love Letter』の名台詞「お元気ですか」と同じように、「お久しぶりです」が流行ることを希望。その言葉を受け、MCから「お久しぶりです」のコール&レスポンスを提案されると、中山は観客に次いで、「お久しぶりでーす!」と笑顔で手を振り、会場を沸かせていた。
《錦怜那》

関連ニュース

page top