『あらびき団』がネット配信で復活!東野幸治「一気に見たら狂うと思う」 | RBB TODAY

『あらびき団』がネット配信で復活!東野幸治「一気に見たら狂うと思う」

4月に本格スタートした新・動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、全13回に渡る「あらびき団」の完全新作 Paravi オリジナル版『パラビき!パラビき!あらびき団』を独占配信する。MCを務めるライト東野(東野幸治)とレフト藤井(藤井隆)に話を聞いた。

エンタメ その他
『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
  • 『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
  • 『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
  • 『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
  • 『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
  • 『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
  • 『あらびき団』がネット配信「Paravi(パラビ)」で復活!
 4月に本格スタートした新・動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、全13回に渡る「あらびき団」の完全新作 Paravi オリジナル版『パラビき!パラビき!あらびき団』を独占配信する。MCを務めるライト東野(東野幸治)とレフト藤井(藤井隆)に話を聞いた。

■東野「あらびき団の四天王を決めるだけで素敵」

藤井:今回は今までの「あらびき団」と違って、四天王を決めるという企画だったのでどうなるのかと不安もありました。今終わったばかりなんですが、ライト(東野)さんがボロボロになっているんですね。すごい戦いだったんです。本当に全13回を1話も見逃さずにご覧いただきたいと思います。





――パラビの開局特番となりますが、収録を終えた手応えは?

東野:パラビのコンテンツとして、TBSの名作ドラマとかたくさん出てくると思うんですよ。ドラマを観て「ちょっと疲れたな」と思ったら、あらびき団は30分で終わりますので、良い意味での箸休め的な存在として観てほしいです。観てもきっと損はさせない自信もあります。「地上波ではこの人たち出れないなー、これは無理やわ。良いもの見れた」って人たちがたくさんいて、「あ、東京にもこういう人たちっていらっしゃるんだ」と深い奥行きのあるパフォーマーのみなさんのパフォーマンスを観てほしいなと思いました。

――パラビはTBSやテレビ東京、WOWOWといった局を越えたコンテンツを揃えていますが、「あらびき団」がコラボするなら?

東野:今度パラビでドラマの『SPEC』やるでしょ?自慢じゃないですが、僕自身も前に『SPEC』に出ているんですよ。だからスペックホルダーのみなさんに集まっていただいて、「あらびき団」で面白いパフォーマンスをしてほしいなと思います(笑)。「あらびき団」サイドは全然良いので!

藤井:僕も自慢じゃないんですけど、『逃げ恥』に出させてもらっていたので……ガッキーと星野源くんで「あらびき団」にぜひ来てほしいですね。

東野:2人で今更だけど踊ってほしいね(笑)。『逃げ恥』さんと「あらびき団」のコラボTシャツとか作ったり。もし『逃げ恥パート2』とかあるなら、「あらびき団」がドラマに通行人で出たりとか。30年前のドラマでよくあった演出みたいな、藤井くん演じる日野秀司と、レフト藤井がすれ違うとか(笑)。「よく似てるって言われるんです~」って言われて「ありがとう」ってサイン書いたりするやつ(笑)。『逃げ恥』のスペシャルドラマをパラビでやっていただいて、御本人が1人2役で出れたら楽しそうですね。

藤井:逃げ恥ダンスもやりたいですね。

東野:僕はなかなか踊らないですけど、やるつもりでいますので。

――これまで地上波で放送してきましたが、パラビは有料配信ということで、今収録を終えて「お金を払ってでも見る価値がある」と思えるような点はどこでしょうか?

東野:「あらびき団」の中で今までいろいろなパフォーマーの方がいらっしゃって、トーナメントで四天王を決める……っていうだけで素敵じゃないですか(笑)? 誰が勝ち上がって、果たして誰が四天王になるんだ?っていう1点で、僕は有料でもいいんじゃないかなと思います。もしかしたら、10人中9人はアホらしいと思うかもしれないけど、1人くらいは、「誰が勝つんだろう」って楽しみにしてお金を払ってくれる人がいる!と我々信じてやってきたので、ぜひ見て欲しいです。

藤井:地上波でやってきたときも、「あらびき団」のCDやDVDなど販売をしてきたんですけど、本当に根強く支えてくださった方々がいらっしゃいましたので、僕のもとには早速「パラビ入ります!」って声が届いています。

――ああ、そうなんですか(笑)。

藤井:いや!届いてますよ!? なんですか、今の「え~」みたいな顔!

東野:今回、パラビになることによって、地上波では出てこない、これからのパフォーマーもいらっしゃるのは見どころです。

■1回も見逃せない!全13回で1話になっている

――今回、あらびき団ファンが観るにあたり期待できるところは?

東野:壮大なトーナメントがあって、それを勝ち上がっていく中で、さまざまなハプニング、おかしなこと、不思議なこと、たくさんあるんです!「最終回は一体何が待っているんだ!?」と自分の中では納得の最終回だったんですけど、レフト(藤井)くんは、途中からキョトン顔になって「まったくわからないです、なんか背中が凝ってきました」とか言っていたので、どんなハプニングがあるのか期待していてほしいです。そして、パフォーマー同士がいかに成長していくかという展開も起こってきます。弱者が強者に飲み込まれたりとか、さまざまな物語があります。



――敗者復活もある?

東野:そこまで多くは語れません。とにかく言えるのは、パフォーマー名も途中から変わってきます(笑)。だから、フィクションでありノンフィクションである。

藤井:でも、嘘は一切ないです!

東野:ただただ、事実を流している(笑)。

――では、全13回の中で成長する姿を見ることができるんですね。

東野:成長や、マネージャーが乱入してなぜか僕が叱られたりとか、さまざまなことがあるんですよ(笑)!

藤井:あと改名したりとかね。

東野:なおかつ、地上波で放送していたときのあらびきファーストのレジェンドのみなさんも参戦しているので、果たして新人とレジェンドが戦っていく中で、どんな物語や友情が生まれるのかは本当に観てみないとわかならないし、編集も大変だと思います。追加取材もしなきゃいけないものがたくさんあると思います。全13回で1話になっていると言っても過言じゃないくらいの戦いです。

■東野「全13回、一気に見たら狂うと思う(笑)」

――昨年末放送した「あら1グランプリ」も地上波で放送したことに驚くパフォーマンスがありましたが、今回はさらにそれを上回るパフォーマンスがある?

東野:ヒントとしては、地上波でできない「パフォーマーを監禁する」ということが起こりました(笑)。久々に人が監禁されるのを見ました、誰かが監禁されてました(笑)。我々は、ずっと監禁されているのを見てました。

藤井:もちろん、本当に監禁はしていないですよ?

東野:本人の意志で監禁してくれと言って(笑)。そんなんがたくさんあるんですよ。

藤井:映像に事件性があるんです。

東野:あとすごい新人パフォーマーが現れたりとか、どれを話したらいいかわからない。1回の配信が30分で全13回ということは、390分。6時間半くらい。いやもう、一気に見たら狂うと思いますよ(笑)。ちょっとずつ観てください。

■矢口真里も決勝戦を見届けた

東野:いろいろな女性ゲストもいらっしゃいますが、偶然ですけど、最後の準決勝、決勝は入籍されたばかりの矢口真里さんが来ていただいて。個人的にお祝いパーティーの余興に来てくれるパフォーマーも探していました。すごい上機嫌でしたけど、「いなかったです」って帰っていきました(笑)。だから、矢口さんの笑顔も見れたので楽しかったです。あと、いろいろな女性タレントがゲストに来てくださるのも「あらびき団」の1つの魅力ですけど、“女性タレントがネタ番組で笑えない状況を楽しむ”という一部サディスティックなファンの方もいらっしゃるので、そういう人も楽しめると思います。



――今後の野望は?

東野:もし、ご好評いただけるのであれば、全13回観ていただけるとわかるんですけど、我々には1つやらなきゃいけないことが残っているんですよ。それはどうしてもやりたい。今回で終わらせるわけにはいかない結末になっているんで、もし、できるなら2019年、忘れ物を取りにパラビの方で番組をやらせていただきたいとは、思います。

藤井:素敵ですね。そういう未来の自分へのお手紙を書いたような気持ちで、あとは返信が来るのを待つだけです。

東野:全13回観て、もし面白いと感じてパラビの方にご意見をいただけたら、「じゃあすみませんが、お言葉に甘えてやらせてもらいます」という展開になればいいのかな、と思っています。まずは騙されたと思って、1回だけだとちょっとアレルギー反応を起こすかもしれないですけど、全13回を観ていただいたら納得できると思うので、ぜひよろしくお願いします。

 『パラビき!パラビき!あらびき団 ~四天王編~』は、4月13日(金)0時より、毎週金曜日に順次1エピソードずつ全13回を配信。さらに、地上波で放送された初代レギュラーシリーズもパラビ独占配信する。



■出演するあらびき芸人一覧
「パラビき!パラビき!あらびき団 ~四天王編~」に出演するあらびき芸人は下記の50人。
※順不同
1. とろサーモン
2. ミヤシタガク
3. クロスバー直撃
4. アマレス兄弟
5. チェリー吉武
6. あぁ~しらき
7. スルメ
8. チャンス大城
9. マヂカルラブリー
10. ランディー・ヲ様
11. ヒロカズ劇場
12. ペコリーノ
13. 橋山メイデン
14. ローズヒップファニーファニー
15. ゆーびーむ☆
16. こばんざめ佐藤
17. 佐藤明洋
18. ギャルズ
19. きつね
20. さや香 新山
21. ファイヤーサンダー
22. 中川パラダイス
23. ウェンズデイズ
24. サンシャイン
25. ドドん
26. ニック&ぶらっくさむらい
27. ジャンゴ
28. 爆ノ介
29. ザ・プレジテント
30. ほんでぃーの!
31. ピンタンパン
32. ギフト☆矢野
33. ダシヨ
34. ニッキューナナ
35. みんなのたかみち
36. ぴろしき
37. サツマカワRPG
38. キズナ
39. 吉住
40. なかよし
41. 竹下ポップ
42. pinkparis
43. 涼本めぐみ
44. 益田克也
45. 柳瀬早紀
46. バッテン
47. しょぎょーむじょーブラザーズ
48. パワライザーteam anz
49. EPPAI
50. 風船太郎
《non》

関連ニュース

page top