「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット | RBB TODAY

「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット

エンタメ その他
「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット
  • 「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット
  • 「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット
  • 「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット
  • 「企業別CM好感度ランキング」でKDDIが4年連続で首位!auの三太郎シリーズがロングヒット
 CM総合研究所は11日、毎年恒例となる「企業別CM好感度ランキング」を発表した。

 2017年度(2017年4月~2018年3月)の1位に輝いたのは、KDDI。同社がベスト・アドバタイザーを受賞するのは4年連続のこと。「au」の「三太郎」シリーズを軸に、12ヶ月中10ヶ月でナンバーワンと、年間を通して他を圧倒した。特に、7月には新料金プランの導入に伴い、新キャラクター・織姫(川栄李奈)が登場。姉の乙姫(菜々緒)のもとでバイトをしたり、正月の餅つきなどを経て金太郎(濱田岳)とカップルになったりと、ストーリーがさらに自由な広がりを見せ、人気シリーズに弾みをつけた。

 次点は「SoftBank」「ワイモバイル」を擁するソフトバンク。SoftBankでは白戸家シリーズ10周年を機に古田新太と竹内涼真、杉咲花が「新しい家族」として白戸家の前に現れ、シリーズ終了を思わせる仕掛けが話題を誘った。また、ワイモバイルでも昨年12月に「ワイモバ学園」シリーズを開始し、「双子ダンス部」など部活を題材としたCMが若年女子に的中。2月には韓国のアイドルグループ・TWICEが転校生役で登場して、さらに好感度を押し上げた。

 3位はNTTドコモ。同社がトップ3入りを果たすのは7年ぶりのことだ。堤真一らが「得ダネ」を追う新聞記者を演じるシリーズのうち、高畑充希がブルゾンちえみになりきる作品がヒットした。通信大手キャリア3社が3位までにそろうのは本年度が初めてのことだ。

 さらに、日清食品が前年7位から4位にランクアップ。国民的人気アニメ作品を題材に「青春」を描いた「カップヌードル」の「HUNGRY DAYS」シリーズおよび、星野源と「どんぎつね」役の吉岡里帆が織りなす不思議なストーリーを描く「どん兵衛」が柱となった。目立つところでは、Indeed Japanが700ランク以上アップして今年は21位。斎藤工と泉里香がさまざまな職業に扮し、「幸せなら手をたたこう」のメロディーに乗せて「仕事さがしはIndeed」「バイトさがしはIndeed」とサービス名を繰り返し歌うシリーズを7月にスタートしてヒットした。
《KT》

関連ニュース

特集

page top