竹中直人×生瀬勝久による舞台『火星の二人』が開幕!「3回で終わらせたくない」と早くも意気込み | RBB TODAY

竹中直人×生瀬勝久による舞台『火星の二人』が開幕!「3回で終わらせたくない」と早くも意気込み

4月10日、日比谷、シアタークリエにて『火星の二人』が開幕。舞台初日を直前控え、マスコミ向けの会見と、舞台シーンの一部公開が行われた。

エンタメ その他
企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
  • 企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
  • 企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
  • 企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
  • 企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
  • 企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
  • 企画・製作:東宝・キューブ撮影:桜井隆幸
 4月10日、日比谷、シアタークリエにて『火星の二人』が開幕。舞台初日を直前控え、マスコミ向けの会見と、舞台シーンの一部公開が行われた。

 同作品は、生瀬勝久が憧れの俳優・竹中直人に声をかけ、2人の企画として立ち上がった演劇シリーズ“竹生企画”の第三弾。ヒロインの上白石萌音をはじめ、高橋ひとみ、前野朋哉、池岡亮介と、話題のキャストが集合した。

 舞台のシーン公開では、冒頭の1場から2場までを上演。物語は、都内にある大学教授・朝尾(竹中直人)の家のリビングに集う人々のシーンから始まる。朝尾と妻・素美(高橋ひとみ)、大学生の息子・正哉(池岡亮介)、とその恋人(?)のさやか(上白石萌音)、そしてそこに訪れた、志波(生瀬勝久)という男の人間関係、人間模様に注目の作品だ。

 会見は、竹中直人、生瀬勝久、上白石萌音が参加し、和やかなムードで行われた。竹中は、「まず、(この竹生企画を)続けてこられた事が凄いなと思っています」と第三弾となる舞台に感慨深げにコメント。「そしてまたこの作品が終わっても、3回で終わらせたくない、また次も出来たら、そういう思いが自分の中にあることが良いことだなと思っています」とすでに次回作に意気込んだ。

 生瀬は、「僕は竹中さんに憧れてこの世界に入ってきた人間なので、2011年この竹生企画が実現できてから、今でもまだ照れくさいところがあるのですが、舞台では同じ板の上で楽しく過ごせる時間がありますので、とても至福の時間です」と竹中との共演が嬉しそうな様子。

 さらに、上白石は、「前回の竹生企画『ブロッケンの妖怪』を観劇に行き、第三弾はどんな作品なんだろう、絶対観に行こう、と思っていたら、まさか自分が出ることになるとは思っていませんでした」と自身が同舞台に出演することになったことに対して驚きを語り、「倉持裕さんの作品が大好きですし、竹中さんとも初主演の映画でご一緒して舞台も一緒にやろうね、と言って頂いていたので、(今回の出演は)本当に嬉しかったです」と喜んだ。

 『火星の二人』は10日に幕を開け、日比谷・シアタークリエを皮切りに、全国15箇所を巡演するツアーを行う。実力派俳優たちの夢の共演に注目だ。
《KT》

関連ニュース

page top