又吉直樹と加藤シゲアキによる物書きバラエティーがレギュラー化! | RBB TODAY

又吉直樹と加藤シゲアキによる物書きバラエティーがレギュラー化!

史上初の物書きのためのバラエティ番組『タイプライターズ~物書きの世界~』(フジテレビ)。これまで7回、不定期で放送してきた同番組が4月7日から地上波とBSフジを横断しでレギュラー化することが決定した。

エンタメ その他
又吉直樹と加藤シゲアキによる物書きバラエティーがレギュラー化!
  • 又吉直樹と加藤シゲアキによる物書きバラエティーがレギュラー化!
 又吉直樹と加藤シゲアキがゲストに作家を招き、知られざる素顔や執筆の裏側に迫る、物書きのためのバラエティ番組『タイプライターズ~物書きの世界~』(フジテレビ)。これまで7回、不定期で放送してきた同番組が4月7日から地上波とBSフジを横断しでレギュラー化することが決定した。

 『タイプライターズ~物書きの世界~』はゲストとして招いた作家にゆかりのある地や、なじみの場所をMCが共に訪れ、その場所の思い出やエピソード、そして小説の着想を得る機会、創作の裏側など、幅広くトークを繰り広げていく番組。今回、地上波とBSを横断してレギュラー化するにあたり、物書きのバラエティーらしく、地上波とBSで、それぞれ番組のコンセプトで放送される。

 地上波では4月7日を皮切りに7月、10月、1月と各クールが始まる月に放送。新たに中村文則と羽田圭介をレギュラー出演者に迎え、今が旬の作家をゲストに招き、作家の頭の中を分かりやすく、視聴者の方と一緒にのぞき見していく。さらに新企画としてさまざまなテーマにそって、実際にMCとゲストが“ちょっと書いてみる”という取り組みも実施予定だ。4月7日放送回のゲストには2018年、宮沢賢治とその父親をテーマにした「銀河鉄道の父」で第158回直木賞を受賞し今、最も話題の作家・門井慶喜が登場する。

 そんな地上波に対して4月27日から毎月最後の金曜に放送するBSでは新進気鋭の作家を招き、じっくりと腰を据えてトークを繰り広げる。さらに、全国の書店員や出版社の編集が出演し、今だからこそお勧めしたい本を紹介するコーナーなどが設けられるという。4月27日放送回には現役医師であるながら、代表作「天久鷹央カルテ」シリーズなどで知られるミステリー作家の知念実希人が登場する。

 レギュラー化にあたり又吉は「本の話ができる時間は楽しいです」と喜び、「この番組で加藤シゲアキさんに“なおき”と呼ばれるくらいコミュニケーションをとっていきたいです」と意気込みをコメント。

 加藤は「今までこの番組を通じてたくさんの方にお会いしてきましたが、これからより多い頻度で新たな方々とお話がきけるので、とても楽しみです。僕と又吉さんとの独特な空気を、いろんなゲストの方に楽しんでもらえればと思います」と話し、番組に期待していることとして「作家がメインの番組ではありますが、ゆくゆくは広義の意味での作家やクリエイターとも話してみたいですし、日本の方のみならず、海外の方々というのも新しいかも。どんどんチャレンジングな企画を考えていきたいです」と思いを明かしている。

 『タイプライターズ~物書きの世界~』(フジテレビ)は地上波では4月7日10時25分~11時50分放送から7月、10月、1月に放送。BSフジでは4月27日から毎月最後の金曜23時~23時55分に放送される。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top