中谷美紀主演ドラマにフレッシュな桜田ひよりと萩原利久の出演決定 | RBB TODAY

中谷美紀主演ドラマにフレッシュな桜田ひよりと萩原利久の出演決定

エンタメ 映画・ドラマ

桜田ひよりと萩原利久 (c)TBS
  • 桜田ひよりと萩原利久 (c)TBS
 4月13日からスタート予定のドラマ『あなたには帰る家がある』に、フレッシュな2人のキャストが加わることがわかった。

 同ドラマは、直木賞作家・山本文緒の長編小説が原作。主演の中谷美紀をはじめ、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江というメインキャストによる“夫婦のあるある”がふんだんに盛り込まれたストーリーが展開される。

 今回出演が決定したのは、15歳の桜田ひよりと19歳の萩原利久という2人。桜田が演じるのは、主人公・佐藤真弓(中谷美紀)と、その夫・秀明(玉木宏)の娘・麗奈。真弓と二人三脚で中学受験に挑み見事合格。入学した中学で、かつての真弓と同じく陸上競技に励む、利発で活発な少女だ。桜田はこれまで子役として数多くの作品に出演。演じた役が話題になることも多く、若干15歳ながらも着実にキャリアを積み重ねてきた。そんな桜田が、家族の危機に揺れる思春期の少女をどのように演じるのか・・・。大人キャストさながらの演技力に注目だ。

 そして、萩原が演じるのは、支配的な父・茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と、少し寂しげな母・綾子(木村多江)の息子・慎吾。歪んだ家庭環境に育ち、どこか闇を抱えた様子の物静かな少年だ。萩原も幼い頃から子役として活躍し、人気作品にも出演してきた。期待の若手俳優として確実に歩みを進める萩原が新境地を開拓する。

 桜田演じる麗奈と、萩原演じる慎吾。二人は対照的な家庭に育ちながらも、同じように両親に振り回されることとなる。互いの親が抱える秘密を知らない麗奈は、高校2年生の慎吾に淡い恋心を抱き、仲良くなろうとアプローチするが、慎吾はなにか闇を抱えているようで・・・。

 今回の出演決定について桜田は「お母さん役は中谷美紀さん、お父さんは玉木宏さんだよ」と聞いて、とても驚きました。素敵なおふたりの娘役を演じさせて頂くので、うれしさと緊張で胸がいっぱいです」「演じる役は中学1年生なので、自分が中学1年生だった時を思い出しながら、私らしい麗奈を最後まで演じていけたらいいなと思います」とコメントしている。一方萩原は「率直な感想は、とてもうれしいです。オーディションですごくこの役をやりたいと思っていたので決まったと聞いた時は飛び跳ねました。ワクワクと挑戦の気持ちでいっぱいです」「それぞれの人間関係が交差し、変化していく姿を間近に感じ、慎吾にある大人とはまた違う10代ならではの繊細さや変化を見せられたらなと思います」と話している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top