「まじっすかー」三代目JSB 岩田剛典がサプライズの手紙に涙! | RBB TODAY

「まじっすかー」三代目JSB 岩田剛典がサプライズの手紙に涙!

岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝、瀧本智行監督が10日、都内で行われた映画『去年の冬、きみと別れ』公開初日舞台挨拶に登場した。

エンタメ その他
岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)【撮影:小宮山あきの】
  • 岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)【撮影:小宮山あきの】
  • 岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)【撮影:小宮山あきの】
  • 山本美月【撮影:小宮山あきの】
  • 岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)【撮影:小宮山あきの】
  • 斎藤工、岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)【撮影:小宮山あきの】
  • 斎藤工【撮影:小宮山あきの】
  • 浅見れいな【撮影:小宮山あきの】
  • 土村芳【撮影:小宮山あきの】
 岩田剛典(三代目J Soul Brothers、EXILE)、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝、瀧本智行監督が10日、都内で行われた映画『去年の冬、きみと別れ』公開初日舞台挨拶に登場した。

 本作は「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則によるサスペンスが原作。結婚を控えた恋人(山本)を奪われた記者(岩田)が、猟奇殺人事件の容疑者(斎藤)の危険な罠に陥っていく“予測不能”なストーリー。

 主演の岩田は、本作について「愛や憎しみだったり、いろんな人間が持つ感情がスクリーンの中に出てきます。愛する人のために人がどこまで変われるのかというのがキーワードになっている究極の純愛を描いた作品です。作品が広がっていくことを願っています」とアピールした。

 山本は、公開初日を迎えた心境について「とてもうれしいです。取材ではネタバレになるので何も話せないってずっと言ってたんですけど、今日からたくさんの人とこの秘密を共有できることがうれしいです」と笑顔で話した。

 また、作品にちなみ、キャスト陣が“予測不能”なクイズに挑戦する一幕もあった。じつはこのクイズは、最終的に岩田が負けるようにあらかじめ仕込まれており、岩田は罰ゲームとして、“恥ずかしい秘密”を暴露される展開に。

 しかしながら、岩田の“恥ずかしい秘密”が書かれているはずの封筒を開けると、実際には瀧本監督から岩田への手紙だったという、さらなるサプライズが判明すると、岩田は「まじっすかー」と驚きのリアクション。

 監督から岩田への手紙が読まれ、「あなたは人知れずプレッシャーと闘いながら、もがき苦しんだんだろうと思います。撮影が進むうち、次第に顔つきが変わっていきました。人より時間がかかったかもしれない。だからこそ、誰よりも深く役を理解し、あなたしか演じられない魅力的な主人公を作りあげたのだと思います」と労いの言葉がかけられると、岩田は何度も目頭をぬぐい涙。

 岩田は声を絞り出し、「うれしいっす…。またいつか監督と作品でご一緒できるまで、役者として精一杯成長した姿を見せたいです」と誓っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top