あばれる君、芸人の前はラッパーだった……MCバトルで号泣し、断念 | RBB TODAY

あばれる君、芸人の前はラッパーだった……MCバトルで号泣し、断念

エンタメ その他

 あばれる君が17日に放送された「王様のブランチ」(TBS系)に出演。これまでの生い立ちを語った。

 父親は学校の教員。夢であったお笑い芸人になるべく養成所に通いたいと父を説得したが、「何か頑張ったら入ってもいい」と言われ猛勉強。見事、駒沢大学法学部に入学し、教員免許を取得した。だが、教育実習に行った学校で不良の生徒に絡まれてしまったという。

 あばれる君曰く、その不良に階段の踊り場で肩を組まれ、「先生、俺にさからったら学校にいられなくなっちゃうよ」と脅されたのだとか。普通なら叱るところを、おびえてしまったあばれる君は職員室に引きこもってしまい、「やはり自分は父親のように教師はなれない」と自覚したという。

 ただ、本格的にお笑いの世界に入る前はラッパーとして活動していたという。しかし、あるMCバトルに挑んだ際、対戦相手から「お前の親はバカだ、ここがお前の墓場、お前は望まれた子じゃない」などと、なぜか親のことをディスられたという。

 ここでもあばれる君はラップで応酬すべきところを真に受けてしまい、「なんでそんなこと言うんですか? 二度と言わないでください」と相手に訴えながら泣いてしまったという。この事件を機にラッパーの道はあきらめ、芸人になろうと決意したと語っていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top