久本雅美、涙で芸能生活ふり返る「二足のわらじを履き続ける」 | RBB TODAY

久本雅美、涙で芸能生活ふり返る「二足のわらじを履き続ける」

エンタメ その他

久本雅美、涙で芸能生活ふり返る「二足のわらじを履き続ける」
  • 久本雅美、涙で芸能生活ふり返る「二足のわらじを履き続ける」
 9日に放送された「アナザースカイ」(日本テレビ系)にタレントの久本雅美が出演。女芸人というポジションが確立されていなかった時代にデビューし、“お笑い女優”という唯一無二の地位を確立するまでの苦悩や今後の展望を語った。

 番組では、今年還暦を迎える久本が芸能界入りのきっかけとなった運命の場所・シンガポールを訪れ、37年の芸能生活を振り返った。

 賞品のシンガポール旅行を目当てに参加した「演芸大会」で優勝し、劇団入りした久本。1984年に「ワハハ本舗」を旗揚げしてからは、わずか数年でテレビ番組に引っ張りだこの存在になったものの、当時の久本は「劇団とのバランスがとれなかった」「ベースである舞台から遠ざかって、後ろめたさがつきまとっていた」と大きな悩みにぶつかっていたことを告白した。

 現在は、芸能界で舞台とバラエティ番組を両立した“お笑い女優”の地位を確立している久本。久本が“お笑い女優”を目指す転機となったのは、そんな悩みを抱えていたときに見た「ワハハ本舗の若手の舞台」だったという。

 久本は「不器用ながらも全力で頑張ってる若手を見て、自分の劇団ながらワハハ本舗っていいなあって感動した」「面白くて、笑いながら泣いていた」と語り、このときに「逃げてたなって思った。戦うべきだ」「あえて二足のわらじを履き続ける」と決意したことを涙ながらに告白。その後は、舞台とテレビ、どちらの仕事も手を抜かず、全力で努力し、戦い抜いてきたからこそ、現在の地位を築いたのだ明かした。

 久本は今後について、シンガポールの国のように「成長し続けたい」「進歩してみんなを楽しませたい」と将来現役の“お笑い女優”でいることを誓っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top