阿部寛が浮世絵風に...映画『のみとり侍』ティザーポスター&特報映像が公開 | RBB TODAY

阿部寛が浮世絵風に...映画『のみとり侍』ティザーポスター&特報映像が公開

5月18日公開の『のみとり侍』で、阿部寛が、江戸の大衆HEROのごとく登場する浮世絵風ティザーポスターと、“のみとりのお相手”寺島しのぶに「下手くそが!」と罵られる場面の特報映像が解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018「のみとり侍」製作委員会
  • (C)2018「のみとり侍」製作委員会
 5月18日公開の『のみとり侍』で、阿部寛が、江戸の大衆HEROのごとく登場する浮世絵風ティザーポスターと、“のみとりのお相手”寺島しのぶに「下手くそが!」と罵られる場面の特報映像が解禁された。

 同映画の歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」。その内の人気エピソードを基に鶴橋自身が物語を再構築し、監督・脚本を一手に担っている。作中では、江戸時代に実在した 猫の“蚤とり”稼業が中心に描写。“蚤とり”とは、客の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐ仕事だが、しかしその実態は女性に愛をご奉仕する裏稼業だった。そんな裏稼業を命じられてしまうエリート藩士・小林寛之進を阿部寛が演じるほか、共演には、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった個性的な面々が名を連ねる。

 第一弾となるティザーポスターでは、歌舞伎役者のように睨みを利かす浮世絵風・寛之進が描写。鼻の頭には“のみ”が飛び込み、首元には“キスマーク”が。キャッチコピーの「貴女・・のみ、愛しています」が指すように、“喜劇”でありながらも、“恋愛劇”である同作の世界観がコミカルに描き出されている。なお、このポスター制作に着想を得たのは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』。エリート侍から、のみとり侍に転落しながらも、その真っ直ぐすぎる生き様から江戸のHEROになっていく寛之進という男を、江戸時代を最も象徴し、親しみのあるビジュアルに落とし込まれている。

 また、同時に公開された特報映像では、「時は江戸-」と始まるナレーションから、上司の逆鱗に触れ「猫の蚤とりになって無様に暮らせ!」という寛之進が左遷されるという悲運が映し出される。そして“蚤とり”になってからも訪れる多難に立ち向かっていく寛之進の姿が。挙句の果てには、思い人・おみね(寺島しのぶ)に「愛」を届けるも「この、下手くそが!」と言い渡され茫然とする・・・。阿部寛が主演する映画『のみとり侍』は、5月18日全国公開。

■注目記事
・最新グルメ記事
・「なんじゃこりゃー!?」サントリー×日清のヤバすぎるコラボに興奮!
・星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……

・どんどんイケる!すた丼から広島風のお好み焼き丼が登場!!
《KT》

関連ニュース

page top