袴田吉彦、「変態仮面」全力披露も出演まで1ヵ月悩んだと告白! | RBB TODAY

袴田吉彦、「変態仮面」全力披露も出演まで1ヵ月悩んだと告白!

俳優の袴田吉彦と原田龍二が18日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した。

エンタメ その他
 俳優の袴田吉彦と原田龍二が18日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した。

 昨年末に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』に、袴田が“変態仮面”(不倫仮面)として登場した時の舞台裏の様子を明かした。

 昨年はアパホテルで不倫したことをきっかけに離婚し、世間を騒がせた袴田。『絶対に笑ってはいけない』では、笑いの刺客として顔にパンティを被り、股間が今にも見えそうなきわどい衣装で“変態仮面”を超ハイテンションで演じ切っていた袴田だが、出演を決意するまでに「1ヵ月くらいは悩んだ」と深く悩んでいたことを告白。

 袴田は「オファーが来たときは斉藤工とか(西岡)徳馬さんみたいに芸人さんのネタを全力でやる(パターン)だと思っていた」ものの、企画が来たらまさかの“変態仮面”だったために、「さすがに早いだろう」と自虐ネタとして披露するのをためらったことを明かした。

 同じ企画に出演した原田は、袴田の収録当日の様子について「楽屋に入ってきたときのテンションの低さが尋常じゃなかった」と告白し、リハの時には、本番のきわどい衣装を着て臨んだ原田とは対照的に、袴田は「シャツの一枚も脱がなかった」ことも暴露した。

 松本人志は、袴田の“変態仮面”ぶりについて「現場ではのびのびとやっていた。これがやりたいがために不倫してたんじゃないか」と絶賛していたが、袴田の舞台裏の様子を知ると「ちょっと“ポイント”下がったね」と、袴田がアパホテルで貯めていた“ポイントいじり”も。

 袴田は、出演が決まってからは、下半身を大きく露出する衣装の下準備のために「ブラジリアンワックスみたいな(下半身の)脱毛に行きました」とも明かしていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top