ホリエモン、『R-1ぐらんぷり』出場の理由を明かす | RBB TODAY

ホリエモン、『R-1ぐらんぷり』出場の理由を明かす

エンタメ その他

 14日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、ホリエモンこと実業家の堀江貴文が、ピン芸人日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2018』(カンテレ、フジテレビ系)の出場理由を明かした。

 9日、同大会の1回戦を突破したホリエモン。ネタは、小学生に扮した彼が、将来の夢を語るというもので、2004年「大阪近鉄バファローズ」の買収を企てたり、2006年の証券取引法違反による逮捕・服役など、自ら起こした過去の騒動を織り込んでいるという。

 そんな大会に出た理由を明かしたホリエモン。友人が素人ながら『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)に2年連続で参戦するも1回戦で敗退していたという。その話を芸人・エハラマサヒロら数人としていたところ、エハラから「僕がネタ書きますから堀江さん『R-1』出ればいいじゃないですか」と提案されたという。

 さらにエハラから、今大会の予選スケジュールがラインで届き、「どうですか?」と再度プッシュされたことから出場を決めたという。ネタ作りはエハラとラインでやり取りしながら進め、出場前日にネタが完成。そのための衣装を急きょ準備して臨んだと語った。

 ただ決勝大会は、ホリエモンが買収しようとしたフジテレビ系からの生中継。決勝に進出できたとしても忖度して出られないかもと話し、「最後どうすんだろうな」と語っていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top