久米宏、『ニュースステーション』開始前に高校の教科書を読み直した | RBB TODAY

久米宏、『ニュースステーション』開始前に高校の教科書を読み直した

エンタメ その他

 14日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、久米宏が『ニュースステーション』(テレビ朝日系)スタート前に高校の教科書を読み直していたことを明かした。

 この日は久米に加え、デーモン小暮閣下、モデル・タレントの市川紗椰という早稲田大学出身の3人がゲスト。現在73歳の久米は還暦を過ぎたとき、ようやく勉強の重要性が分かってきたと言い、「若いころは何のために教育があるのか、大学があるのか分からなかった」と語った。デーモン閣下も、受験勉強をしているときは何の役に立つのかと思っていたが、「法隆寺の弥勒菩薩など突然役に立つ時が来る」と話した。

 さらに久米は、キャスターを務めた『ニュースステーション』を始める前に読み直したのは高校の教科書だったことを告白。国会や役所の仕組みなどベースの知識をきちんと勉強していないことに気づいた久米は「まずいな」と思い立ち、社会や国語の教科書を読み直したという。

 また久米は、歴史の教科書について「今からさかのぼって教えてほしい」と訴えた。「今こうなっているのは実は過去にこういうことがあったからだと教えてくれれば、どれだけ興味深いんだろう」と話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top