ダウンタウン、殴り合いのケンカの過去明かす「服がお互いビリビリに」 | RBB TODAY

ダウンタウン、殴り合いのケンカの過去明かす「服がお互いビリビリに」

エンタメ その他

ダウンタウン【写真:鶴見菜美子】
  • ダウンタウン【写真:鶴見菜美子】
 10日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の中で、ダウンタウンが過去に一度だけ殴り合いの大喧嘩をしていたことを明かした。

 この日のゲストは5年ぶりの再始動を果たした人気ユニットCHEMISTRY。休業していた理由は、世間からよく言われている「不仲」といったものではなく、「ソロでお互いやりたかったから」と語った。それに対し松本人志は「面白くねえな、もっと本音が聞きたいな」と不満を漏らした。

 ただケンカはしたことは一度もないと語った2人は、逆にダウンタウンにケンカをしたことはあるのか聞くと、松本が、若手の頃大阪「うめだ花月」でやりあった話を披露。ある日、舞台を遅刻してきた相方・浜田雅功に対し、「まあ自分も遅れてくることはある」とその場は許したが、翌日も姿が見えなかったことにイライラ。そうこうしている間に出番となってしまい、出囃子か鳴り始めたという。

 すると、舞台袖の見えないところに浜田がいたことに気がついた。ブチ切れた松本が舞台袖で浜田と口論に。浜田も自分に非がないと思っていたため、ついには殴り合いのケンカに。ステージに上がったときにはお互いの服がビリビリに破れており、しかもまったく目を合わさず漫才をしていたことから「めちゃくちゃウケた」と、今だから語れる話を明かしていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top