来年にはNHK連続テレビ小説も決定!中村雅俊、人生に影響を与えた人とは? | RBB TODAY

来年にはNHK連続テレビ小説も決定!中村雅俊、人生に影響を与えた人とは?

エンタメ その他

 4月に文学座の研究生になって12月にはオーディション。「先生役決まったから、と言われて……本当にラッキーですよね」。

 26日放送のトーク番組『かららふ』で、中村雅俊は自身が学園ドラマ『われら青春!』(日本テレビ系)に主演が決まった時のことを振り返った。先生役の人は歌を出すということも決まっていたため、挿入歌を担当。「ふれあい」が大ヒットし、10週連続オリコン1位となった。

 そもそも中村が俳優を目指したのは映画のキャスティング、演出家などマルチに活躍する奈良橋陽子との出会いが大きいという。慶應義塾大学で外交官を目指していた中村雅俊は、ESS(英語サークル)に入部。ドラマ部門(英語劇)に所属したが、いつの間にか英語よりも演劇に魅かれていったという。「すごい感動に似たものを感じちゃった。これってなんだろうみたいな……今まで味わったことがなかった」。モデル・プロダクション(MP:東京学生英語劇連盟)にも所属していた中村は、そこで奈良橋陽子に出会い、「あなたは何かを持っている」と言われた。この言葉が中村の背中を押したという。

 中村は就職をやめ、文学座へと進む。奈良橋陽子の元夫には「歌手みたいなことやらない」と誘われていたという。

 中村雅俊は現在66歳。2018年4月2日スタートのNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの祖父・楡野仙吉を演じることが決定している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top