内田理央、ジャッキー・チェン次回作に起用!? レニー・ハーリン監督「続編の舞台は日本だね!」 | RBB TODAY

内田理央、ジャッキー・チェン次回作に起用!? レニー・ハーリン監督「続編の舞台は日本だね!」

映画『スキップ・トレース』は9月1日より全国公開。公開を直前に控えた22日、TOHOシネマズ日本橋にて、同作の監督を務めたレニー・ハーリン、イベントゲストの内田理央、そしてサプライズゲストのジャッキーちゃんが登壇し、ジャパンプレミアが開催された。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLCALL RIGHTS RESERVED
  • (c)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLCALL RIGHTS RESERVED
  • (c)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLCALL RIGHTS RESERVED
  • (c)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLCALL RIGHTS RESERVED
 ジャッキー・チェン主演最新作、映画『スキップ・トレース』は9月1日より全国公開。公開を直前に控えた22日、TOHOシネマズ日本橋にて、同作の監督を務めたレニー・ハーリン、イベントゲストの内田理央、そしてサプライズゲストのジャッキーちゃんが登壇し、ジャパンプレミアが開催された。

 映画『ドリヴン』(2011)の撮影以来、17年ぶり5度目の来日となるハーリン監督。大きな拍手に包まれて登壇した監督は、今回が東京国際映画祭で行った『クリフハンガー』以来、24年ぶりの舞台挨拶という事もあり「久しぶりにここ東京に来られて、みなさんにお会いできて嬉しい!」と大きな笑顔を見せた。ハーリン監督といえば、これまで『ダイ・ハード2』でブルース・ウィリス、『クリフハンガー』でシルベスター・スタローンと、ハリウッドを代表するスーパースターと共に名作を手掛けたことでもお馴染み。ジャッキーの魅力について「ジャッキーからは『不可能なことはない』ということを学んだ」と語り、「ハリウッドでは数週間かかるような無茶なアイディアを、ジャッキーはわずか3時間でやってのけてしまう」と振り返った。

 ここで、ゲストとして女優の内田理央が花束を持って登場。一足先に同作を鑑賞したという内田は「アクションももちろんすごかったですが、クスッと笑えてしまうところもあって、そして最後にはうるっとなって、終始興奮しながら観させていただきました!」と笑顔で感想をコメント。続けて、本作を象徴するアイテムであるマトリョーシカを使い、映画の大ヒットを祈願して鏡割りならぬ”マトリョーシカ割り”をすることに。場内のお客さんの「3・2・1、パンチ!」の掛け声で監督と内田がマトリョーシカをパンチすると、なんと中からジャッキー・チェン!?ならぬジャッキーそっくりさんのモノマネ芸人ジャッキーちゃんが勢い良く登場!ジャッキーちゃんは「ハッジメマシデ、ワダシハ ジャキ―チャンデス。コブシガイタイ ジャッキーチェン」と、得意の “拳が痛いジャッキー・チェン”など、同作での印象深いジャッキーのアクションシーンのモノマネネタを披露。すると監督は「素晴らしい!続編の時は彼を起用すれば予算削減ができる!(笑)」と大爆笑。続けて、アクションができる女優としても活躍する内田にジャッキーちゃんがジャッキー風アクションをその場で伝授。二人一緒に見事なカンフーの型を披露すると、会場からは大喝采が沸き起こった。それを見た監督は「今すぐキャスティングしたい!ここに、ジャッキーの代わりが、そしてファン・ビンビンの代わりには彼女がいる!」と内田のアクションに太鼓判を押した。さらに「続編の舞台は日本だね!」とコメントし、会場から割れんばかりの拍手が起こった。

 最後に、劇場のファンに向けて「この舞台挨拶もすごく楽しかったけど、映画はもっと楽しんでいただけると思います!」と、監督がご機嫌にメッセージを送り、その後即席サイン会のファンサービスもあり、大盛況のままイベントは幕を閉じた。
《KT》

関連ニュース

特集

page top