たんぽぽ川村、37歳で失恋……自宅で「1人でも大丈夫」と唱える日々 | RBB TODAY

たんぽぽ川村、37歳で失恋……自宅で「1人でも大丈夫」と唱える日々

エンタメ その他

 お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが12日、『メレンゲの気持ち』に出演。相方の白鳥久美子は芸人の彼氏と同棲しラブラブな一方、会社社長と去年失恋した川村は「ブラックホールに落ちたよう」と現在の心境を語った。また独り身の部屋で「1人でも大丈夫」と唱える姿も公開した。

 去年3月に会社社長との熱愛が報道されたが、12月に破局。「別れちゃいました~」と涙声で明かした。別れた原因は「なんでだろう、わかんない」と未だに謎だと言うが、猫背を注意されていたり「お前、膝でかくね?」と言われていたことから「身体的問題」と推測した。

 さらに、「結婚夢見る37歳が夢破れた時、ブラックホールに落ちたみたいに、落ち込みました」と語った。そして朝の情報番組『ZIP!』で桝太一アナウンサーが「ポン、ポン、ポン、ポン、ZIPでポン!」と言っている姿を見ても涙が流れるという。

 彼に美味しい朝食を食べさせてあげようと1年待ちの魔法のフライバンを購入したものの、届いたときには別れていたという。

 番組では川村の自宅映像も公開。風呂上がりにスチーマーを顔に浴びながら「1人でも大丈夫、1人でも大丈夫」と念仏のように唱える姿も映し出された。また破局後も元カレとの思い出のアルバムやプレゼントが捨てきれておらず、未練たっぷりの様子。

 一方、相方の白鳥は現在、芸人「チェリー吉武」と交際して2年。現在は同棲中だが、結婚について聞かれると「私が養う」と語った。また彼から「風呂上がりは武井咲に似ている」と明かされると、照れていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top