渡部建、元日本フェンシング代表太田雄貴のグルメっぷりに「ド変態」 | RBB TODAY

渡部建、元日本フェンシング代表太田雄貴のグルメっぷりに「ド変態」

エンタメ その他

(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 27日放送の『友達だから初公開!芸能界(秘)人脈大図鑑』(TBS)に元日本フェンシング代表の太田雄貴がVTR出演。グルメに対する並々ならぬこだわりを明かした。

 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が自慢する人脈の中で一番スゴイ人物として紹介された太田。グルメ王と名高い渡部ですら「日本で一番うまいモノ食ってんじゃないかな」と語るほど太田のグルメ志向には一目置いているのだとか。

 そんな太田の食生活とは、「基本毎日が外食」で、年間200件もの新規店舗に足をはこんでいるという。そして、普段店に予約を入れる際には予約漏れのないよう1年から半年前に予約を入れ、来店当日までに何度か店を訪れ食材の確認をしたり、挨拶をするなど店主との信頼関係を築くためには手を抜かないのだそう。

 また、予約日当日は朝食はプロテイン1杯のみで、食事前にはお腹を空かせるために必ずジムでトレーニングをしているそうだが、太田いわく「いかにお腹を空かせて、お腹ペコペコで挑めるかっていうのがものすごく大切」なのだという。

 今回番組では渡部と共にハンバーグの名店を訪れた太田だが、料理が出てくるまでの間厨房を観察し、どのタイミングで料理が出てくるかを計算。運ばれた料理を一口食べた時には「うまい!!」と料理人に届くように大声で感想を述べるなど、人並み外れた食へのこだわりを明かした。

 この太田の徹底ぶりに渡部は「ルーティンをこなしながらモチベーションを上げていくというか、ド変態」「ド変態メダリスト」と変態呼ばわりながら称賛の声を上げていた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top