片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」 | RBB TODAY

片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」

エンタメ 映画・ドラマ

片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
  • 片寄涼太、初の映画出演について「自分の武器はとことん磨かなきゃいけない」
 映画『兄に愛されすぎて困ってます』(6月30日公開)に出演中で、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルとしても活躍中の片寄涼太が俳優として新たな一歩を踏み出した思いなどをブログで語っている。

 同作は初恋から現在まで告白12連敗中の女子高生・橘せとか(土屋太鳳)に突如モテ期が到来し、"兄系イケメンズ”たちがせとかを巡ってラブバトルを繰り広げる物語。片寄はヤンキー系ツンデレお兄こと、せとかの兄・橘はるかを演じている。

 「世の学生たちはこんな刺激的なものを読んでいるのか! と(笑)」と原作を読んだ率直な感想を明かした片寄は本格的な撮影に入るまで1ヶ月の間特訓をしたという。その間、監督やプロデューサーらと“はるか像”を作り上げ、共演の草川拓弥や杉野遥亮らとリハーサルをし、コミュニケーションを取っていたことを振り返り、「経験がない分、自分が何をできるのかをより深く考えて、自分の武器はとことん磨かなきゃいけないなと」と役者としての顔をのぞかせた。

 また、「すごく不器用。スマートっぽく見えて、顔に出てしまうところは僕も同じかな」と役との共通点を明かし、妹役の土屋については「とてもストイックな方です。撮影の合間に、急に野菜を切り始めてサラダを作ったり、気づいたら縄跳びを飛んでいたり……自分のことは自分でしっかりと管理していて素晴らしいなと思いました」「太鳳ちゃんは、色気より食い気(笑)! お肉を目の前にすると、スタッフさんの話も聞こえなくなってしまうほどなんです。でも、完璧な太鳳ちゃんにも、そういったお茶目な部分があることを知ってお兄としては、ほっとしましたね」と“お兄”からの意外な一面を話した。

 初の映画出演を果たし新たな一歩を踏み出した片寄は「自分は音楽の畑から来ている人間なので、俳優さんとしてお仕事をされている方々に絶対に失礼のないようにいなきゃいけないなと常に感じています。なので、軽くあれやりたいこれやりたいとは言えない。でも、もし機会がいただけるのであれば、なんでも挑戦したいですし、兄こま以上にその作品を愛しすぎたいなと思います」と気持ちを新たにした。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top