YOSHIKIが緊急手術「引退を余儀なくされたラグビー選手のような」状態 | RBB TODAY

YOSHIKIが緊急手術「引退を余儀なくされたラグビー選手のような」状態

X JAPANのYOSHIKIが、自身の公式ウェブページ上で、緊急手術を行うことを発表した。

エンタメ 音楽
(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 X JAPANのYOSHIKIが、自身の公式ウェブページ上で、緊急手術を行うことを発表した。

 同ページによれば、複数の医師による診断の結果として「X JAPANのYOSHIKIが米国時間 2017年5月16日(火)に、cervical artificial disc replacement / 頚椎人工椎間板置換の緊急手術をロサンゼルスにて行うことになりました 」とのこと。2009年7月に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、頸椎椎弓切除・頸椎椎間孔切除という2つの手術を受けていたYOSHIKIだが、『約半年前から頸椎椎間板ヘルニアの悪化で、手・腕に麻痺・強度のしびれなどの症状が表れ、 すでに演奏にも支障をきたしていました』と説明されている。こうした状況から、診察を受けた結果、『日米双方の医師と何度も協議を重ねた上で、この度手術をせざるを得ない状況となりました』と説明されている。

 現在のYOSHIKIの首の状態について、日本の医師からは『まるで引退を余儀なくされたラグビー選手のような強烈なダメージの受け方』と説明されていることも伝えられており、差し迫った状況も伝わってくる。

 手術は16日に米ロサンゼルスの病院にて行われる予定。今回の緊急手術に伴い、5月に予定されていたスケジュールは全てキャンセルとなるが、、7月に予定されている「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、8月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー、およびLAを皮切りにスタートする予定だった世界ツアーの予定日などは協議中であるとしている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top