「そろそろ人間やめませんか?」とオファーされた!……『フランケンシュタインの恋』主演・綾野剛 | RBB TODAY

「そろそろ人間やめませんか?」とオファーされた!……『フランケンシュタインの恋』主演・綾野剛

エンタメ 映画・ドラマ

綾野剛
  • 綾野剛
  • 綾野剛
  • 綾野剛
  • ドラマ『フランケンシュタインの恋』ワンカット
  • ドラマ『フランケンシュタインの恋』ワンカット
 23日からスタートするテレビドラマ『フランケンシュタインの恋』で主演を務める綾野剛が今作にかける思いなどをアメブロで語っている。

 同ドラマは名作『フランケンシュタイン』の舞台を現代日本に移し、ある事件をきっかけに生み出された化物(綾野剛)が人間の女の子・津軽継実(二階堂ふみ)と恋に落ちる“年の差100歳”のラブストーリー。

 怪物役を演じるということで率直な感想を求められた綾野は「役者も怪物も誰かの造形物にすぎないと思っています」とコメント。“綾野剛”という人物像も、そして“怪物”も、誰かのパブリックイメージで作り上げられたものであり、「もちろん造形物を作るという意味合いでは、さらに大きく捉えなければいけませんが、普段やってることも思われていることも、我々は”怪物”に限りなく近い」と話し、怪物役を演じることについて全く違和感がなかったと明かした。それよりも河野プロデューサーからの「そろそろ人間やめませんか?」というオファーが面白く、綾野は「いいですね」と2つ返事。そこから今回のドラマプロジェクトが始まったという。

 その後、プロデューサーと話し合う中で、ラブストーリーであること、『フランケンシュタイン』という題材に『シザーハンズ』の切なさを要素として足していくことなど、次第にプロットを固めていったという綾野。しかし出来上がった台本を読んだ綾野は「参ったなと思いました」と語り、「情報がすごくあるのに、情報が染み込んでいない。どうにでも取れる台本なんです。現場でも、キャストやスタッフ間で『あ、こっちじゃないの? こっちなんだ?』ということがよくあります。右左だけならいいのですが、最低でも東西南北ある。現場にたくさん任せてくださる余白を与えてくださったことで、相当読み込まないといけない本になったんです」と明かし、「正直に言うと、今まで演じた役の中で一番苦労しています」とぶっちゃけた。

 また、役作りについては「隙を生まなきゃいけないなと思って演じています」と話し、役者全員が100%の力を出してしまった場合の視聴者が感じる疲労感について触れ、「僕の役は隙を作らなきゃいけないと思ったんです。感情を全部埋めないで彼を生きる。そして我々のつくった余白に視聴者の方が入り込んでこの作品を体感してもらうことによって、最後の共演者となっていただきたいんです」と視聴者への思いを語った。

 ヒロインを演じる二階堂ふみについては「瞬間的にでてくる表情の弾け方に驚かされました」と現場での様子を話し、その瞬間を見逃さないように綾野も気を張っているという。続けて「彼女には今回の作品で、連ドラでのヒロインを新しい形で確立させてほしいと思っています」と、今後に期待を寄せている様子だ。

 綾野剛主演テレビドラマ『フランケンシュタインの恋』は、日本テレビ系で4月23日22時スタート。
《松尾》

編集部のおすすめ記事

特集

page top